ダイエットにオススメ!今人気のサバ缶の味付け別カロリーを調べてみました

スポンサーリンク

今、ダイエットに役立つ食べ物として「サバ缶」が大きな注目を集めています。

ヘルシーなのに栄養満点しかも手軽に食べれるサバ缶は、テレビで紹介されたことをきっかけに話題沸騰。食事制限系のダイエットにはうってつけの食べ物として、ダイエットの話題に敏感な女性はもちろん、男性からも人気を集めているんです。

このように、とにかく爆発的な人気を見せてるサバ缶。しかしその魅力・効果を最大限生かすためには、一つ知っておきたいこともあります。

それは、サバ缶は種類によってダイエット効果が異なるということ。

サバ缶と一口に言っても、そのバリエーションは多種多様。最もスタンダードな水煮缶から、親しみ深い味噌煮や醤油煮、オリーブオイル煮などさまざまな種類のサバ缶がラインアップされていますからね。

同じサバ缶の中でも、味付けによってはダイエットに不向きなものもあるってわけです。

そこで今回は、そんなサバ缶のダイエット効果を白黒つけるために、サバ缶の種類ごとのカロリーに注目してみました。

各味付けごとに人気の商品をピックアップしていきながら、ダイエットに役立つサバ缶といまいちダイエット向きじゃないサバ缶をご紹介していきます。

サバの醤油煮缶のカロリーは?

煮魚の定番”醤油煮”は、甘辛の味わいがご飯によく合う人気おかず。缶詰では味付け・調理の手間なしで食べれるため、忙しい時などには重宝してくれます。

ただし美味しさの反面、ダイエットへの効果はちょっと微妙。

カロリー自体は一缶190g当たりで376kcalとサバ缶としては普通ですが、醤油煮ではかなり砂糖が入るため糖質量が気になります。白米と合わせたら血糖値の急上昇は確定的。糖質制限ダイエット的には、あまり好ましくない組み合わせと言えるでしょう。

サバの味噌煮缶のカロリーは?

味噌のまろやかな味わいと優しい甘みが魅力的な「サバの味噌煮」は、サバ料理の中でも一番の人気メニュー。

しかし美味しさと引き換えに、こちらもダイエットへの効果は微妙となっています。

一缶190g当たりのカロリーは、399kcal。

醤油煮と同様、味噌煮では砂糖を多く使うため血糖値の上昇が気がかりになります。

ただし”味噌”は、多くの健康効果を持つことで知られる調味料。コレステロールを抑える働きや胃がんリスクを下げる効果、減塩効果や血圧、血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。

味付けのサバ缶を選ぶなら、健康的には味噌煮の方がオススメと言えるでしょう。

スモークサバ缶のカロリーは?

サバ缶の中には、サバの”燻製”なんて珍しいものもあります。

こちらはおかずというよりも、お酒のおつまみやおやつにおすすめですね。

気になるカロリーは一缶50g当たりで、219kcal。他の味付け系と違って糖質が加えられていないため、糖質制限中の人でも食べやすいのはメリットになりそうです。

ダイエット中のおつまみとしても重宝するでしょう。

サバのオリーブオイル煮缶のカロリーは?

ちょっと洋風なアレンジサバ缶として、サバのオリーブオイルになんて商品もあります。

そのままやシンプルな味付けでももちろん美味しく楽しめますし、イタリアンなど洋食系のおかずとしてもアレンジ可能。

オリーブオイルの汁ごとまとめて、トマトやナスなどのお野菜と煮込んだり、あるいはバケットに挟んでサンドウィッチにしても美味しいでしょう。

なお気になるカロリーは、一缶100g当たりで368kcalとオイルが使われているだけあって中々高め。ただこちらも糖質を含まないため、ダイエット効果は十分期待できるでしょう。

サバの水煮缶のカロリーは?

最後にご紹介するのは、現在のサバ缶ブームの張本人”サバの水煮缶”です。

名前の通りそのままでは味はほとんどありませんが、だからこそ幅広いアレンジが可能。味付け一つとってもシンプルに醤油やポン酢のほか、一手間かけて大根おろしなどを添えれば栄養効果を高めることも狙えます。

アレンジ料理ももちろん豊富で、ちょっとググれば和食から洋食など多くのバリエーションが楽しめます。”飽き”との戦いになる食事制限ダイエットでは、大きな強みとなりますね。

なお気になるカロリーは、一缶190g当たりで388kcal。もちろん糖質など余計な栄養は含んでいませんから、ダイエット効果はサバ缶界随一。食べやすさ料理のしやすさともに、サバ缶ダイエットの主役となることは間違いありません。

スポンサーリンク