値段の安い人気クロスバイクを厳選!初心者にオススメな10台を徹底紹介!

スポンサーリンク

クロスバイクが欲しい!けどお値段が気になるとお悩みの方結構多いのではありませんか。

なじみ深いママチャリなどの普通の自転車と比べると、クロスバイクはお値段も中々高め。ものによっては10万円を超えるものも多々あり、これから乗り始めようと思っている初心者の方やお金がない学生の方なんかには、バリエーションの豊富さも相まってちょっととっつきにくい部分がありますからね。

そこで本記事では、そんな高価格のものが多いクロスバイクの中から初心者の方でも手が出やすい値段の安いクロスバイクに注目。気軽に手が手が出しやすい入門向けとして、オススメの自転車たちをいくつかご紹介していきますよ。

ママチャリとは違う!クロスバイクはどんな自転車?

登山やジョギングなど一人でも楽しめるスポーツが人気を集める昨今、「自転車」はその中でも特段の盛り上がりを見せています。

これまで自転車と言えば、ママチャリなどに代表されるように人々の手軽な移動手段として親しまれてきましたが、クロスバイクやロードバイクと言ったスポーツタイプの登場により価値観が一変。

原付バイク並みのスピード(時速40km以上)を発揮することから、「走ること」「体を動かすこと」を楽しませてくれるアイテムとして人気を集めているのです。

車に例えれば、まさにスポーツカーというべき存在。ただし速い乗り物の宿命か、その多くはお値段が高めとなっているのが口惜しい点でもありますね。

クロスバイクの特徴は?

MBT(マウンテンバイク)とロードバイクを融合させる形で誕生したクロスバイクは、ママチャリはもちろんのこと、同じスポーツタイプであるロードバイクとも異なる魅力を持っています。

まず肝心の走りの部分。ここは原点であるロードバイクに対しては一歩劣ってしまうものの、ママチャリに対しては大きく上回る性能差を見せます。

ママチャリが時速だいたい15~20kmなのに対して、クロスバイクは時速30~40kmと倍のスピードを発揮。軽快なペダリングと合わさって、長距離でも疲れにくく走りの楽しさを実感させてくれます。

続いては走りと同じく重要な乗り心地の部分。こちらではスピードでは負けてしまったロードバイクに対して大きな強みを持ちます。

MBT(マウンテンバイク)の特徴である横一文字型のハンドル(フラットバーハンドル)を採用するクロスバイクは、特徴的な形状のドロップハンドルが基本となるロードバイクと比べてハンドリング性が抜群に上。

普通の自転車に近い感覚で操作できるため、初心者の方でもほとんど練習なしでも乗りこなしやすくなっています。

また走行中の姿勢も、前傾姿勢を強いられるロードバイクよりも圧倒的に楽。こちらも初心者の方には嬉しいポイントですね。

気になるお値段に関しては、ロードバイクよりは低価格帯が普及しているものの、ママチャリなどと比べればやはり高め。

10万円を超えるものも珍しくありません。

予算3~5万円!入門用にオススメな値段の安いクロスバイク8選!

お値段の高さが気がかりとなるクロスバイクですが、手の出しやすい値段の安いクロスバイクも実は少なくありません。

よ~く見てみると意外と種類も多く、人気品も多数。大手通販サイトアマゾンで長年ロングセラーとなっているクロスバイクから、カラーバリエーションが豊富なクロスバイク、特徴的なデザインを持ったクロスバイクなど様々な選択肢があります。

そこでここからは手ごろな範囲として予算3~5万円程度をベースに、買いやすい低価格モデルから予算ぎりぎりの高性能よりモデルまで8台をピックアップ。それぞれご紹介していきましょう。

LIG(リグ) 700Cクロスバイク LIG MOVE ブラック

安いクロスバイク LIG MOVE

まず最初にご紹介するのは、都市部での快適な走行を意識した製品を発信する自転車ブランド「LIG(リグ) 」のクロスバイク、「LIG MOVE ブラック」です。

ブラックとゴールドの高級感を際立たせるコントラストが目を引くこちらの商品は、2万円台半ばとお手ごろな値段設定にもかかわらず、優れた加速を実現するシマノ製7段変速機など機能面が充実。

非常に優れたコストパフォーマンスを持つことが特長で、大手通販サイトでもベストセラーに輝いているんですよ。

700Cクロスバイク LIG MOVEの機能・特長

  • 重量:12kg
  • 適応身長:155cm以上
  • フレーム材質:アルミ
  • タイヤサイズ:700×28C
  • シマノ製7段変速機
  • クイックリリースハブ(車輪の取り外しを簡単にする)
  • デュアルピポットキャリパブレーキ(優れたブレーキ・コントロール性能)
  • コンフォートサドル(乗り心地・快適性向上)
  • シマノ製サムシフター(素早い変速をサポート)

CANOVER(カノーバー )クロスバイク VENUS(ビーナス)

安いクロスバイク CANOVERVENUS

このクロスバイク”VENUS”は、「走行性」「デザイン性」「クオリティ」を追及する次世代スポーツバイクブランド「CANOVER]のフラッグシップモデル。

熟練職人の手作業によって美しく仕上げられたフレームが、シンプルながらも目を引く1台ですね。

定番人気のブラックのカラーリングと細身のフレームが見せるシルエットが、スタイリッシュなおしゃれ感を演出しています。

またデザインだけでなく、機能面の作り込みにもこのフラッグシップらしいこだわりは見られます。

この”VENUS”搭載される機能は、21段階もの多段式変速機にシマノ製変速シフター、クイックリリースやLEDライトをはじめスポーツ自転車と呼ぶにふさわしいが充実。

気になる重さも、11.2kgと安いお値段のクロスバイクとしてはかなり優秀な数字を見せています。

肝心の価格面は3万円台半ばくらいと、その機能やデザインに基づくクオリティから考えればなかなかの低価格。

コストパフォーマンスの高いクロスバイクとして、オススメ出来る1台と言えるでしょう。

CANOVER(カノーバー )クロスバイク VENUS(ビーナス) の機能・特徴

  • タイヤサイズ 700x25C
  • フレーム材質 アルミ
  • フレームサイズ 530mm
  • 重量 11.2kg (ペダル・保安部品を取り外した状態)
  • 変速機 シマノ21段
  • 適応身長 165cm以上
  • サイズ(横×高さ×幅) 1690x950x575mm
  • シマノ製21段変速機
  • シマノ製変速シフター
  • バフ研磨アルミフレーム
  • オリジナルスポーツサドル
  • デュアルピポットキャリバー(制動力&コントロール性に優れたブレーキ機構)
  • クイックリリース
  • LEDフロントライト付属

21Technolog(CL266)

安いクロスバイク CL266

続いてご紹介するのは、日本一の低価格を目指す自転車メーカー「21Technology」の「CL266」です。

この商品の最大の特徴は、なんといってもクロスバイクの中でもトップクラスの低価格。

非常にリーズナブルなこともあってお手軽な入門用、学生の通学用としても人気がありますね。

また、ほかの製品に比べてカラーバリエーションが豊富なのも特徴です。

CL266の機能・特長

  • 重量:12kg
  • 適応身長:160cm
  • フレーム材質:アルミ
  • シマノ製6段変速機
  • 前後キャリバーブレーキ

ANIMATO(アニマート) クロスバイク METRO(メトロ) 700C

安いクロスバイク ANIMATO METRO

次にご紹介するのは、リーズナブルで高品質を追求する日本の自転車メーカー「ANIMATO」が開発したクロスバイク「METRO」です。

この「METRO」は、鮮やかなチェレステグリーンのカラーリングによるシンプルで飽きの来ないデザインと、優れた機能性に基づくコストパフォーマンスが魅力的な1台。

軽量アルミフレームにシマノ製21段変速、前後Vブレーキを搭載し、さらに工具なしで車輪を外すことが出来る「クイックリリースハブ」を採用することで整備性を高めています。

通勤や通学を中心とした街乗りから、趣味としてスポーツとして楽しむツーリングなどあらゆるシチュエーションに対応でき、価格も2万円台半ばとお手頃なのも魅力的ですね。

入門用のクロスバイクとしては、中々のオススメと言えるのではないでしょうか。

ANIMATO METROの機能・特徴

  • 重量:12kg
  • サイズ(横×高さ×幅):1780×930×565mm
  • サドル高さ(地上より):840-1030mm
  • 適応身長:155cm以上
  • フレーム材質:アルミ
  • タイヤサイズ:700×28C
  • シマノ製21段変速機
  • クイックリリースハブ
  • 前後Vブレーキ

FORTINA FT-7007

安いクロスバイク FORTINA FT-7007

お値段は安く、さらに「デザインにもこだわりたい」という方にはこちらの一台はいかがでしょうか。

赤・白・黒を基調とするトロコロールカラーが印象的なこの「FORTINA FT-7007」は、その見た目通り配色にこだわったクロスバイク。

絶妙に配置されたそのカラーデザインが、ほかのバイクたちとは一線を画す「おしゃれ感」を演出してくれます。

バリエーションに用意されるのは、赤・白・黒を基調にナチュラルで都会的な印象を与える「スノーパールトリコ」と、黒と赤を基調によりスポーティーで力強さを感じられる「レッドブラック」の2種類。

これだけ存在感のあるデザインながら気になるお値段は2万円とかなりのお手ごろ価格、通勤通学用にちょっとカッコいい自転車に乗りたいという方には、コスパの高い1台となってくれそうですね。

FORTINA FT-7007の機能・特徴

  • 重量:13.2kg
  • サイズ:高さ940×幅570×横1760
  • 適応身長:160~185cm
  • フレーム材質:スチール
  • タイヤサイズ:700x28C
  • プッシュプル式シマノ製サムシフター
  • シマノ製ディレイラー「RD-TX35」
  • ロゴ入りオリジナルスポーツサドル
  • アルミ製ギアクランク
  • 前後Vブレーキ&モジュレーター

※現在は品切れ中

RENAULT AL-CRB7021

安いクロスバイク RENAULT AL-CRB7021

予算にちょっぴり余裕があるようなら、ワンランク上の海外ブランド製というのも面白いかもしれません。
最後にご紹介するこちらの「RENAULT AL-CRB7021」は、なんとあのフランスの自動車メーカー「ルノー(RENAULT)」製のクロスバイク。
独自の個性を出しながらも決して派手ではない絶妙のカラーリングが、スタイリッシュなフォルムと合わさってアートの国フランス生まれらしいおしゃれ感を演出する一台です。
他の人とはかぶらない存在感がほしい、しかし悪目立ちはしたくない。そんなデザイン重視派の人には特におすすめと言えますよ。

RENAULT AL-CRB7021の機能・特徴

  • 重量:11.7kg
  • サイズ:高さ1020×幅580×横1745
  • 適応身長:160以上
  • フレーム材質:アルミ
  • タイヤサイズ:700x32C
  • シマノ製7段変速

CHEVROLET AL-CRB7006

クロスバイク

CHEVROLET AL-CRB7006は、手ごろなクロスバイクをお求めの方にオススメな一台です。

クロスバイクとしての基本的な性能は抑えつつ、気になる価格面は今回ご紹介するバイクの中でもかなり安め。入門用として手が出しやすい仕上がりとなっています。

また気になるデザインも、なかなかの存在感。

アクセントカラーに取り入れられた赤の配色がポーティーな印象を演出し、サイクリングの気分を高めてくれます。

AL-CRB7006の機能・特徴

  • 重量:11.5kg
  • サイズ(横×高さ×幅):1740×910×570mm
  • サドル高さ:790~940mm
  • 適応身長:160cm
  • タイヤサイズ:700×28C
  • フレーム材質:アルミ
  • シマノ製6段変速
  • クイックリリースハブ
  • 前後クイックレリースブレーキ

CANOVER ATHENA

クロスバイク

CANOVER ATHENAは、通勤・通学といった街乗りメインの方にオススメなクロスバイク。

この価格帯では希少なメカニカルディスクブレーキをフロントに搭載しているため、そのほかのクロスバイクに比べて優秀なブレーキング力を備えています。

車や歩行者の存在が常に気になる街乗りでは、ブレーキの掛かりの良さはまさに生命線。安心・安全な走行を安いお値段で手に入れたいなら、この「CANOVER ATHENA」は最有力の選択肢となるでしょう。

CANOVER ATHENAの機能・特徴

  • 重量:12.9kg
  • サイズ(横×高さ×幅):1710×930×565mm
  • サドル高さ:850~1020mm
  • 適応身長:160cm
  • タイヤサイズ:700×28C
  • フレーム材質:アルミ
  • シマノ製24段変速
  • クイックリリースハブ
  • フロントディスクブレーキ
  • シリコンLEDフロントライト
  • デュアルピポットキャリパーブレーキ

ANIMATO CITY SURF

クロスバイク安い

アニマートのクロスバイク「CITY SURF」は、通勤・通学など街乗りをカッコよく楽しみたい人にオススメの1台です。

40mmのディープリムに彩られたホワイトのアクセントは、黒を基調としたシンプルなフレームにぴったりマッチ。モノトーンな色調へと演出することでよりおしゃれな印象を強めることに成功しています。

460mmと比較的短めとなるフラットバーのサイズも、このクロスバイクの街乗り適正の高さを表します。横幅が狭めな作りとなっているおかげで、街中の駐輪場や店先などスペースの限られた場所への駐車に便利。狭い場所での走行でも、障害物に当たるリスクを減らしてくれます。

またこうした短めなフラットバーは、立ち乗りにも向いているのも秘かな強み。街中のちょっとした坂道を登りやすく、走っている姿もよりスポーティに見せてくれます。

初心者の方には嬉しいクイックリリースハブも完備しているため、クロスバイクに不慣れな人でもメンテナンス名の扱いやすいのも好印象。お値段の安さも相まって、初めて乗る一台としては中々オススメのクロスバイクと言えますよ。

CITY SURFの機能・特徴

  • サイズ:1680×920×460mm
  • サドル高さ:860-1050mm
  • タイヤサイズ:700×28C
  • フレームサイズ:510mm
  • 重量:14.0kg
  • 適応身長:160cm以上
  • 材質:スチール
  • 変速機:シマノ製7段変速
  • ブレーキ:キャリパーブレーキ
  • クイックリリースハブ(前輪)

ANIMATO SURFY

クロスバイク安い

気軽に乗れる街乗り用クロスバイクをお求めなら、この「ANIMATO SURFY」はかなり有力な選択肢と言えるでしょう。

26インチのホイールは、他のクロスバイクに多い700Cサイズに比べて一回りほどコンパクト。取り回しがしやすく乗り出し楽ちんというメリットを持ちます。

また、ハンドル位置も少し高めに作られているのも街乗り向き。ハンドリングのしやすさに加えて、体勢が前のめりになり過ぎない分、走行中普通の自転車に近い楽な姿勢をとることが出来ます。

気になるお値段も、Amazonでは2万円を切るほどとかなりお安い金額です。軽い気持ちで手が出しやすいのは、初心者の方には嬉しいポイントと言えるでしょう。

SURFYの機能・特徴

  • サイズ:1700x1040x570mm
  • サドル高さ:790-935mm
  • タイヤサイズ:26×1 3/8
  • フレームサイズ:430mm
  • 重量:13.6kg
  • 適応身長:155cm以上
  • 材質:スチール
  • 変速機:シマノ製7段変速
  • ブレーキ:Vブレーキ

ワンランク上のクロスバイクたち

初心者向けということで「安いクロスバイク」をテーマとしお送りした今回の記事ですが、いざ読んでみるともうワンランク上のバイクも見てみたいという印象を受けた方も多いのではないでしょうか。

予算がはっきり決まっている人でも、初めて買う時には比較対象があったほうが選びやすいものですし、事前にいくつか上の選択肢を見ておくことで、後々あっちにすれば良かったなんて後悔する不安も消すことが出来ますからね。

もちろん、自分に合ったベストな一台を見つけるチャンスにだってなります。最初はそんな気なかったのに、いざ見てみたら気に入っちゃったなんてことはよくあること。今の第一候補より、魅力的な一台が見つかるかもしれません。

ということでここからは、ちょっぴり予算オーバーにはなりますが5~8万円程度のミドルゾーンを中心にいくつかオススメのカッコいいクロスバイクをピックアップ。それぞれご紹介していきましょう。

Tern Rip

クロスバイク

クロスバイクを選ぶなら、「カッコよさ」はやっぱり外せない条件ですよね。

周りの目を惹くような存在感のあるバイクは、乗る楽しみだけでなく所有する楽しみも生み出してくれるもの。毎日の生活の中にちょっとした満足感を差し込んでくれます。

都市空間での快適性とスポーティーな楽しさを追求するアーバンブランド「Tern」が提案するクロスバイク「Rip」は、そうした潜在的なニーズに応える一台です。

一見太く見えるエアロフレームは、空力性能を高めると同時にディープリムと合わさってバイクの重厚感を演出。スタイリッシュは美しさと確かな存在感を生み出します。

マットブラックまたはシルクポリッシュ、マットサンドシルバーのシックなカラーリングもgood。シンプルな配色は私服と合わせてコーデすることでおしゃれな印象をぐっと強めてくれるので、街乗りにもぴったりですね。

デザインだけでなくバイクとしての作り込みにも「Rip」の魅力は満点。初心者にとっては厄介なチェーンの脱落を防ぐオリジナルチェーンウォッシャーや軽快な変速を実現するシマノ製2×8段変速を装備するほか、ハンドル部にはクロスバイクではスタンダードなフラットバーではなく操作性に優れたライザーバーをあえて採用。小回りを効きやすくすることで、街乗り適性を高めています。

Tern Ripの機能・特徴

  • タイヤサイズ:650x25c
  • 重量:10.3kg
  • 材質:アルミニウム
  • 適応身長:460/150~160cm,500/160~170cm,540/170cm~180cm
  • 変速機:Shimano, SL-2400, Claris Rapidfire
  • オリジナルチェーンウォッシャー
  • ハンドル:ライザーバー

FUJI PALETTE

クロスバイク

一口にクロスバイクと言っても、その範囲は意外と広いものです。フレームやハンドルの形状の違いやタイヤサイズなど、基本的な部分だけでもその種類は様々。しかしそういった選択肢の多さは、誰にとっても魅力的というワケではありません。

むしろわずらわしさを感じるという方も、意外と多いのではないでしょうか。

特徴的な一台よりもシンプルで乗りやすい一台が知りたい。

このクロスバイク「FUJI PALETTE」は、そうしたシンプル・イズ・ベストを求めるユーザーのニーズにバッチリ応える一台です。

イメージ通りの細身のフレームは、クロスバイクらしいスタイリッシュかつスポーティーな印象を演出。さらに軽さと耐久性に優れたアルミニウムをメイン素材に採用することで、車体重量を抑え軽快な乗り心地を実現しています。

気になるカラーリングも、2018年モデルに限っても6種類とかなり豊富なのも嬉しいポイント。

持つ楽しみも乗る楽しみも存分に味わえる「PALETTE」は、初心者の方がちょっぴり奮発して買うにはまさにぴったりな一台と言えるでしょう。

なお、このクロスバイクはサイズ展開が非常に豊富となっています。そのため小柄な方から大柄な方まで、ベストなサイズを選択可能。

詳しいサイズ表を下記に乗せておくので、ぜひご参考にしてください。

フレームサイズ適応身長
15””154~164cm
17””162~172cm
19””170~180cm
21””178~186cm
23””184~192cm

FUJI PALETTEの機能・特徴

  • タイヤサイズ:700×28C
  • 重量:10.8kg
  • 材質:アルミニウム
  • 変速機 :フロント/3速 リア/8速

OYAMA SR 2300

クロスバイク

この「OYAMA SR2300」は、コストパフォーマンスに非常に優れたクロスバイクの一つです。

注目ポイントは何と言ってもその重量。9.9kgと今回ご紹介しているクロスバイクの中でもトップクラスの「軽さ」を持っているんです。

この軽さは、実はクロスバイク界においては大きな強みとなります。

例えば、走り出しのしやすさ。重いクロスバイクであればスピードに乗るまでに時間がかかってしまいますが、軽いクロスバイクならその時間はわずか。もちろん必要になる力、体力の消費も少なく済みます。

走り始めてからも「軽さ」のメリットは続きます。軽いクロスバイクは、走行中のスピード維持も楽ちんで、厄介な坂道相手でも車体重量が少ない分だけ少ない負担で登りきることが出来るんです。

気になるお値段の方はといいますと、こちらは販売店にもよりますが大手通販サイトAmazonを例に見てみるとなんと5万円台と意外と低価格。

惜しくもワンランク上(5万円以上)カテゴリーに入ってしまったものの、このクオリティでこのお値段なら十分安いクロスバイクと言える逸品です。お財布事情に少し余裕があるなら、ぜひチャレンジをオススメしたい1台ですね。

OYAMA SR2300の機能・特徴

  • 全長: 約1,700 mm
  • タイヤサイズ:700 x 23C
  • サドル高さ:840 ~ 950 mm
  • ハンドル高さ:900 mm
  • 重量:9.9kg(※ペダルを除く)
  • 材質:アルミニウム
  • 変速機:シマノ16段変速

GIOS AMPIO

クロスバイク

こちらのクロスバイク「AMPIO(アンピーオ)」は、ロードレースの本場イタリアの老舗自転車ブランド「GIOS(ジオス)」が生み出したこだわりの1台です。

1948年の創業以来脈々と受け継がれてきた確かな技術によって作られる本作は、スタイリッシュな印象を受ける細身のフレームながらしっかりとした耐久性を実現。さらにフレーム素材に「クロモリ」を選択することでアルミやスチールのクロスバイクには無いしなやかな乗り心地を楽しませてくれます。

またこの「AMPIO」は、先ほどご紹介した「SR2300」を超える軽量性の持ち主でもあります。軽やかに走り出すことも、より早く走ることも可能。クロモリフレーム特有の乗り心地も合わさって、快適なラウドを約束してくれます。

海外製そしてこだわりのクロモリフレームということもあって気になるお値段の方は決して安いとは言えませんが、クロスバイクらしいスポーティな走りを存分に楽しみたい本格派の人なら買って後悔はしない一台と言えますね。

ちなみにカラーバリエーションは、ジオス伝統の人気カラー「ジオスブルー」のほか、「ブラック」「ホワイト」がラインナップされています。

またフレームサイズにつきましては、下記の適応身長表をご参考ください。

フレームサイズ適応身長
470155-170cm
510168-178cm
540175-185cm

AMPIOの機能・特徴

  • フレームサイズ:470、510、540
  • タイヤサイズ:700×25C
  • 重量:9.7kg
  • 材質:クロモリ
  • 変速機:シマノ2×8段変速

安くてオススメなロードバイクはこちらから

乗りやすいクロスバイクもいいですが、よりスポーツ感を楽しみたい人、個性を出したい人には、ロードバイクもオススメです。
人目を惹きやすい美しいデザインと、よりスポーティな走行感をお楽しみいただけますよ。

初心者・学生にオススメ!値段の安い入門用ロードバイク6選!

2016.01.11

自転車のおすすめ便利グッズはこちら

自転車ライフが捗る!初心者必見のオススメ便利グッズ9選!

2016.01.11

自転車ライフが捗る!初心者必見のオススメ便利グッズ9選!

2016.01.11
[st-card id=3518]
スポンサーリンク