寝過ぎはダイエットに逆効果?太る理由と痩せるためのオススメ睡眠法!

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s
スポンサーリンク

十分な睡眠は健康のためにもダイエットのためにも欠かかせないものですが、十分”過ぎる”睡眠はむしろ逆効果になってしまうようです。

ちょっと意外ですよね。

そこで今回は、そんな日常生活に潜む驚きの落とし穴「寝過ぎ」の驚きのデメリットに注目。

気になる太る理由と、逆に睡眠をダイエットにつなげるためのオススメの方法の2本をまとめてご紹介していきます。

寝過ぎで太る理由とは?

913df4601382415e5fe604a0ba5bd29f_s

睡眠不足が美容、健康、ダイエットに悪いというのは有名な話ですよね。

きちんと体を休ませることが出来ないために、代謝が落ちたりホルモンバランスが乱れたりと、睡眠不足は様々な健康トラブルの原因になってしまうからです。

しかしだからと言って、逆にたくさん寝れば万事OKかというと、それもちょっと違うようです。

困ったことにたくさんの睡眠をとること、寝過ぎることによっても、ダイエットには悪影響が生まれてしまうからです。

なぜ寝過ぎることによって太ることになってしまうのか、その理由は私たちが普段眠っている間に分泌されているあるホルモン「成長ホルモン」に隠されています。

この「成長ホルモン」とは、その名の通り人の成長に関わる働きを持ったホルモンのことです。

身長を伸ばしたり、あるいは筋肉を作るのを助けたりなどがメインの役割。

単純に考えるとすでに成長し終えた大人にはあまり関係のない、どうでもいいホルモンのように感じるかも知れませんね。

しかし成長ホルモンには、これに加えてもう一つ、大人にとっても見逃せない働きを備えています。

それが、体の「新陳代謝」に関わる働き。

成長ホルモンは体の新陳代謝をコントロールする役割を担っており、それによって美肌の生成やアンチエイジング、髪の発育などに効果を発揮。

おまけにそれらを行うためのエネルギー源として、体の体脂肪を消費する、つまり脂肪燃焼まで行ってくれているんです。

美容からダイエットまで、手あたり次第に大活躍してくれるというわけですね。

しかしこの魅力的極まりない働きは、実はある行動によって阻害されてしまうリスクを背負っています。

そのある行動というのが、そう何を隠そう「寝過ぎ」なのです。

寝過ぎが成長ホルモンに悪影響な理由

questions-1014060_640

「寝過ぎ」がなぜ成長ホルモンにとって悪影響を及ぼすのか、その理由はいたって単純です。

たくさん寝過ぎることによって、成長ホルモンの分泌バランスが乱れてしまうためです。

成長ホルモンは、主に夜の10時~深夜2時までの4時間、通称”睡眠のゴールデンタイム”に最も多く分泌されるものです。

しかし、これを正常かつ十分に分泌させるためにはいくつかの要素を満たす必要もあるのです。

例えば、質の良い睡眠や運動、正しい食事タイミングと十分な栄養などですね。

このうちの一つ、”質の良い睡眠”は困ったことに「寝過ぎ」な状態では得られないものです。

そもそも寝過ぎてしまうというのは、それだけ質の良い睡眠がとれていないからこそ起こるものですからね。

寝過ぎてしまうと、それだけ日常の行動時間も減ってしまいますし(運動量減)、そもそも体内時計自体がくるってしまうリスクもあり。

成長ホルモンの分泌が乱れてしまうのは、ある意味当然と言えるのかもしれませんね。

成長ホルモンが乱れると太る理由まとめ

speech-1019788_1280

ちょっと繰り返しっぽくなってしまいますが、ここで「なぜ寝過ぎが太るのか」という理由を改めてまとめてみましょう。

根本的な理由は、「成長ホルモンの分泌が乱れるから」でしたよね。

ではこれが乱れるとどういう影響が生まれるのか、それは大きく分けて以下の2つになります。

  1. 新陳代謝の低下による美容・健康効果の低下
  2. 新陳代謝によって起こるエネルギー消費の低下と脂肪燃焼の減少

美容への悪影響と、ダイエットへの悪影響(肥満リスク)ですね。

体のカロリー消費量が落ちることと脂肪燃焼が減少してしまうことによって太りやすく痩せにくくなり、挙句新陳代謝が落ちるせいでお肌の再生が行われなかったり、髪がパサついたり、血行が悪くなったりしてしまうのです。

本記事のテーマは寝過ぎは太るというものでお送りしましたが、1つ目の美容・健康への悪影響も結構見逃せないかもしれませんね。

なんにせよ、寝過ぎが私たちにとって決して良いものでないというのは、間違いないと言えるでしょう。

これで太らない!痩せるためのおすすめ睡眠法

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

「寝過ぎ」が良くないと分かった以上、その改善策をなしに終わるわけにはいきません。

そこでここからの項目では、最も重要な成長ホルモンの分泌を促すための方法と、「寝過ぎ」を解決するために必要な「睡眠の質を上げる」方法についていくつかご紹介していきましょう。

成長ホルモンを増やすにはトマトがオススメ

成長ホルモンの分泌量を手っ取り早く増やすなら、夜ご飯にトマトを食べるのがオススメです。

トマトに含まれる豊富なビタミンやミネラルといった栄養素の数々が、成長ホルモンの分泌を促進してくれるからです。

また、リコピンによるダイエット効果やアンチエイジング効果を同時に得られるというのも大きなメリットになりますね。

ちなみに食べるべきトマトの数は、生の大きなトマトなら2個、トマトジュースなら350mlを2,3本と言ったところ。

睡眠の質を下げないためにも寝る3時間前には、食事を終えるのがベストと言えるでしょう。(睡眠中胃や腸を休ませるため)

食べるだけで脂肪燃焼!今話題の夜トマトダイエットの効果!

2015.08.07

理想は10時!早寝早起きで成長ホルモン分泌を最大化

前述のとおり、成長ホルモンの分泌量が最も多くのなるのは、夜10時から深夜2時までの4時間、通称睡眠のゴールデンタイムの間になります。

つまり、最大量の成長ホルモンを手に入れるためには、早寝することが求められるわけですね。

しかし、この効果を最大限得るためには、ただ早く寝るだけでいいというわけではありません。

早起きすることもまた、同じくらい重要になるのです。

早寝そして早起きというサイクルをきちんと繰り返すことは、体の自律神経を整え成長ホルモンに大切な睡眠の質を向上

さらに朝の早い時間から活動することは、質の高い睡眠を生み出すホルモン「メラトニン」の分泌を促すことにもつながるのです。

早く起きることは、早く寝ることそしてより良い睡眠をとることにとっても大切というわけですね。

早寝早起きは痩せるのか?気になるダイエット効果やメリットを大調査!

2016.06.21

睡眠の質もダイエット効果もUPする全裸睡眠

ちょっと恥ずかしいかもですが、”質の高い痩せる睡眠”を求めるならパジャマを脱いで裸で寝るのがオススメです。

意外にも全裸で寝ることには、脂肪の燃焼と言ったダイエット効果や体温コントロールによる睡眠の質向上などといったメリットが盛りだくさん。

美容・健康・ダイエット・ストレス解消にと、様々な効果を発揮してくれるんですよ。

全裸で寝ると痩せる?ヌード睡眠のダイエット効果と4つのメリットとは?

2016.08.31
スポンサーリンク