ロード・クロスバイクをおしゃれにカッコよくする!初心者向けのおすすめカスタマイズ!

photo-1423785437959-1ff518f0c254
スポンサーリンク

皆さんは自分のロードバイク・クロスバイクを、もっとカッコよく、もっと使いやすくしたいって思ったことありませんか。

このパーツの色が気に入らない、もっとおしゃれにしたい、もっと走りやすく性能を高めたい、そう思うことって結構あったりしますよね。

そこでそんなこだわり派の方々におすすめなのが、自転車の”カスタマイズ”です。

言葉だけ聞くと、ちょっと難しそうに敷居が高そうに感じるかも知れませんね。

でもこれ、以外と思った以上に簡単なんです。

初心者の方でも基本的な工具を使うだけで、手軽にお手持ちの自転車をバージョンアップ、見た目も使いやすさもさらに自分好みに高めることが出来るんですよ。

そこで今回は、そんなロードバイク・クロスバイクのカスタマイズ事情に大注目。

初心者でもできる簡単なカスタマイズや人気のパーツなど、カスタマイズの初歩となる情報をいろいろご紹介していきます。

グリップのカスタマイズ

クロスバイクのカスタマイズとして最も手軽と言えるのが、この「ハンドルグリップのカスタマイズ」です。

元のグリップから、握りやすい手になじむものに交換したり、手に伝わる振動を軽減する目的などクロスバイクの快適性を高めることに効果があります。

また手軽なバイクのイメージチェンジとしても、結構行われたりしますね。

といってももともとグリップは長期の使用によって経年劣化していくものですから、カスタマイズとしてはもちろんメンテナンスという意味でも、将来的に必要になることは必至です。

つまりグリップの変更は、クロスバイクユーザーのほとんどが行うことになる”最も初歩的”なカスタマイズとなるわけですね。

ちなみにグリップの種類は様々あり、人体工学を意識したエルゴノミックタイプや下記にご紹介するバーエンド付きタイプ、シンプルなストレート計上でカラーバリエーションに優れるタイプなどがありますよ。

VELO ERGO LOCK ONグリップ

51-mwd6aBaL._SL1000_

「ERGO LOCK ON GRIP」は、人体工学を意識したエルゴノミックデザインのグリップ。

柔らかい素材を使用し、握りやすく疲労の軽減もしやすいよう、親指部分は細目に手のひら部分は広めに作られています。

お値段の方も安めで、コストパフォーマンスが高いのが人気の理由にもなっているようですね。

Ergon GP3

71NHIM9Z-wL._SL1200_

こちらはバーエンド付きタイプのエルゴノミックグリップ。

滑りにくく手になじみやすいラバー素材を使用し、手に伝わる衝撃を軽減してくれます。

バーエンド付きのため、握り方(ポジション)を変えやすいのも魅力ですね。

バーエンドのカスタマイズ

41lLM9XfjyL

クロスバイクのカスタマイズで、グリップに次いで簡単といえるのが「バーエンドのカスタマイズ(追加)」です。

グリップの外側に角のように装着することで、クロスバイクでもロードバイクのような握りをしやすく出来るのです。

主なメリットとしては、前傾姿勢がとりやすくなること、疲労の軽減効果が得られること、力を出しやすくなることが挙げられますね。

握っているときの腕の向き、体勢を変えることによって、より楽により力強くバイクを漕げるようになるんです。

坂道を上る機会の多い方や、ストップアンドゴーが多く加速性能を高めたい方、よりスピードアップしたい方などにおすすめと言えますよ。

BBB BBE-07

41D2WMjeF6L

「BBB BBE-07」は、根強い人気を誇るロングセラーバーエンド。

長めのデザインと程よくカーブした形状が握りやすく、前傾姿勢を楽に取らせてくれます。

バーテープでカスタマイズ

41c-AE08HpL

ロードバイクユーザーにとって必ず行うことになるのが、この「バーテープのカスタマイズ(交換)」です。

使っていくうちに表面がボロボロになってきたり、はがれ始める部分が出てきたら交換のタイミングになりますね。

そのやり方はいって簡単で、古いものをはがして新しいテープを巻くだけ。

初心者の方でも比較的簡単に行えます。

新しいものに変えることでボロくカッコ悪くなっていた見た目も一気によくなり、握り心地も新品の時のように戻ります。

またテープ次第のカラーやデザインを変更することで、より一層おしゃれに目新しく印象を変えられるのもバーテープに魅力でもありますね。

EMPT ES-JHT020

71Gd8EIozCL._SL1200_

バーテープでおすすめなのが、この「EMPT ES-JHT020」です。

クッション性の高いEVA素材を使用するほか、カラーバリエーションも14種類もあるため見た目のイメージチェンジにも大活躍。

値段も安価で、両面テープを使わないため初心者でも巻きやすいのがメリットですよ。

サドルのカスタマイズ

51KCNvbYoBL._SL1280_

自転車の座り心地はもちろん、見た目の印象も大きく変えられるのが「サドルのカスタマイズ」です。

サドルは乗る人のお尻の大きさや体重など、千差万別の相性・好みがあるものですから、既存のものをそのまま使うよりも自分に合ったものに後から変更する方が効率的。

お尻の痛みの軽減や疲労感の軽減など、自転車の快適性を高めることにつながるんです。

例えばクッションが厚めでやわらかいものや逆に硬いもの、座面の広さが広いもの又は細いものといった風にそれぞれチョイスする感じになりますね。

特に価格の安いクロスバイクやロードバイクの場合は、あまり良い品質のものが採用されてないことが多いため検討されることをお勧めしますよ。

Mach Burst コンフォートサドル

61VuGsJMc7L._SL1280_

機能性とファッション性の両面で優れているのがこのサドル。

お尻が痛くならないクッション性を持ち、カラーバリエーションも豊富です。

穴あきタイプのため通気性もよく、局部にも優しい設計になっていますね。

タイヤのカスタマイズ

71G6qQ-ETSL._SL1500_

ロードバイク・クロスバイクともに、乗り続けていれば必ず行う日が来るのが「タイヤのカスタマイズ(交換)」ですよね。

基本的にこれらのタイヤは、3000~4000km程度が寿命と言われ、坂道を上ったり雨の日に走行したりすることによってさらに消耗が激しくなってしまうものです。

もちろん走行中のトラブル(タイヤをぶつけたり異物が刺さったり)によっては、さらに縮まるか一発でアウトにもなってしまうことも。

毎回自転車屋さんに頼むのは面倒ですしお金もかかりますから、自転車に乗るならタイヤ交換はぜひとも習得しておきたいテクニックになるわけですね。

ちなみにこれらのタイヤというものは、用途に応じてさまざまな種類があります。

例えば、ロングライド・ツーリング用のタイヤやパンクや傷に強い耐久性重視のタイヤとか、見た目重視派に人気のカラーリング豊富なタイヤなど。

マイナーなとこでは、室内トレーニングローラー専用タイヤなんてのもありますね。

兎にも角にも、自転車のタイヤは適切な交換を心掛けないと事故やけがなどにつながる危険がありますので、常に状態に気を配りつつケチらずしっかり交換していくことをお勧めしますよ。

パナレーサー タイヤ クローザープラス

41os2xqPE7L

耐久性と軽さに優れるのが、このパナレーサーのタイヤ「クローザープラス」です。

カラーバリエーションは6種類で価格も比較的安め。

コストパフォーマンスの高さが高評価を集めていますね。

ちなみにサイズは、W/O 700×23となっています。

ペダルのカスタマイズ

初心者の方でも楽しめるものの、ある意味上級者向けとも言えるのがこの「ペダルのカスタマイズ」です。

まず初心者向けのものとしては、通常のペダル(既存のペダル)を高品質なものに変更することが挙げられます。

ペダルを踏む足が滑りにくく、回転もスムーズになることで走りやすく疲労の軽減にもつながるなど、自転車の快適性を高める効果が得られるのです。

次に上級者向けのカスタマイズとしては、より速く走ることを目的に作られたロード・クロスバイク専用ペダルのカスタマイズが挙げられます。

この専用ペダル「ビンディングペダル」は、それ専用のビンディングシューズと組み合わせることで足をペダルに固定し、より力強く力のロスを起こすことなく漕ぐことができるアイテムです。

足と力の伝達が安定する分無駄な力のロスが消え疲労軽減につながりますし、なによりそのスピードアップ効果は大、より速く走りたいユーザーにとってはこれ以上ないほど魅力的な効果を生み出してくれます。

しかし足を固定する分、いざという時に足をつけにくくコケやすくなるなるうえ、そもそも専用のビンディングシューズを買わなければいけない、しかもそのシューズ自体がすごく歩きにくいなど、この専用ペダルは様々なデメリットを抱えてもいます。

お金もかかりやすいですし、けがをするリスクはもちろん、大切なバイクを傷つけてしまう、場合によっては壊してしまう心配すらあるわけです。

魅力はもちろんいっぱいあるんですがそのデメリットを考えると、ある程度ロードバイク・クロスバイクに慣れた方向けのカスタマイズ、つまり上級者向けと言わざる負えないんですね。

MKS アイシーライトペダル

61VGPGgwMtL._SL1280_

この「MKS アイシーライトペダル」は、初心者の方にもおすすめのフラットタイプのペダル。

回転がスムーズになるのでペダルがより漕ぎやすく、踏み込みやすくなります。

またお値段が2,000円を切る安さにもかかわらず、高級感を感じさせるアルミボディなのも魅力的ですね。

シマノ PD-A530

81Z-VQiNtiL._SL1500_

ビンディングペダルにチャレンジしたいと思っている方におすすめなのが、この「シマノ PD-A530」です。

このペダルは驚くことに、難易度が高いビンディングペダルと一般的で乗りやすいフラットペダルの”両方”を装備。

シチュエーションや気分に合わせて自由に変えられるため、慣れない方がビンディングペダルに挑戦するときには非常に助かる存在になってくれるんです。

もちろんビンディングペダルに乗りなれた上級者の方にとっても、用途に合わせて使い分けられるので利便性は十分。

通勤通学などの日常生活から週末のロングライドまで、あらゆるシーンで活躍する万能ペダルと言えるでしょう。

スマホホルダーのカスタマイズ

716cFhl0eoL._SL1000_

ロングライド・ツーリングを楽しまれる方におすすめなのが、「スマホホルダー」の装着です。

ハンドル部分にスマートフォンを固定することで、ナビ代わりとして運用することが出来、遠出の際に道に迷う心配をなくしてくれるのです。

観光面でも目的地や手近な飲食店などを見つけ易くなりますし、元のルートに戻るのも簡単のためちょっとした寄り道などをする際にも結構便利に活躍してくれますしね。

計画的なツーリングでも、行き当たりばったりなツーリングでも、どちらをするにもあると助かる存在になってくれるでしょう。

また自転車用のアプリケーションをスマホにインストールしておくことで、自身の運動量や速度など気になる走行データが得られるのもメリットの一つです。

タイムを競ったり、トレーニングの成果を確認したりなど、モチベーションを高める面楽しみ方を増やす面でも活躍が期待できますね。

ドリンクホルダーのカスタマイズ

81ZeWSaHX L._SL1500_

スポーツ目的でロード・クロスバイクに乗られる方におすすめなのが、この「ドリンクホルダー」のカスタマイズです。

ママチャリなどと違って籠のついていないロードバイクやクロスバイクは、のどが渇いたときの水分補給が結構面倒だったりするもの。

いったん止まって、背負っていたリュックから飲み物を取り出さなければいけませんよね。

出すのもしまうのも手間がかかって、ついつい水分補給がおざなりになってしまう方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

しかしドリンクホルダーがついていれば、こんな問題はすぐに解決します。

飲み物を出すのもしまうのも、ちょっと手を伸ばすだけですぐに行えるようになるので水分補給がとってもスムーズになるんです。

ちょっとした合間にも手軽にしやすくなるので、こまめな水分補給が欠かせない熱中症対策としても有効になりますね。

自転車の便利グッズはこちらもオススメ

自転車をより快適に楽しむには、スマホホルダーやドリンクホルダーのように様々な便利グッズを活用するのもお勧めです。

そこで下記の記事では、今回ご紹介しきれなかったちょっとした便利グッズの数々をまとめてご紹介。

併せてお読みいただければと思います。

自転車ライフが捗る!初心者必見のオススメ便利グッズ9選!

2016.01.11
スポンサーリンク