自宅で自転車?ロード・クロスバイクで使えるトレーニングローラーとは?

mozroller-m.jpg
スポンサーリンク

皆さんはロードバイククロスバイクを、「お部屋中でも使えたら」って思ったことはありませんか。

雨の日でも運動出来たり、室内用のダイエットアイテムとしても使えたり、毎日のトレーニングに使ったりなど、そんな風に使えたら結構便利な気がしますよね。

そこで今回は、そんなロード・クロスバイクユーザーの自転車ライフをさらに豊かにする便利アイテム、「自転車用トレーニングマシン」に大注目。

気になる使い方やその効果、人気を集めるオススメマシンなど、気になる情報をまとめてご紹介していきます。

自転車用トレーニングローラーとは?

自転車用のトレーニングローラーとは、簡単に言ってしまえばランニングマシンの自転車版のようなものを指します。

後輪または前後両輪を専用のローラーにあてそのまま漕ぐことで、ローラーの負荷によりまるで地面を走っているかのような走行感を得ることが出来るのです。

使用による負荷の感覚は、製品にもよりますが外を走っているときと同様しっかりとした運動効果を得られるものがほとんど。

体力の向上やトレーニングを目的とし、サイクリングユーザーの間でも人気がたかっているアイテムでもありますね。

前述のとおり、雨の日の使用や日々のトレーニングなど、週末などに行うロングライドに向けての体力づくりとして活用されることが多いようです。

また、このトレーニングローラーは大きく分けて2種類のタイプが存在しています。

固定式ローラータイプと、3本ローラータイプですね。

それでは次は、この2種類それぞれの特徴とその使い方について見ていきましょう。

固定式ローラータイプ

lr340-08

固定式ローラータイプは、使いやすさに優れたシンプルなトレーニングローラーです。

前輪と後輪の両方を専用の器具で固定し、後輪にローラーを当てた状態で使用することで、常に安定した姿勢でバイクをこぎ続けることができます。

激しく漕いでもゆっくり漕いでもふらつく心配がないため、追い込みたい人や初心者の方には特におすすめと言えるでしょう。

体が安定する分、テレビを見ながらなど他のことに意識を向けやすく、常に自転車に集中する必要がないのもメリットになります。

下の「3本ローラータイプ」と比べて静穏性に優れているため、アパート・マンションなどの集合住宅での使用を検討している方や、密接した住宅街などにお住まいの方にはこちらの方が使いやすいと思われますね。

ご使用の際は、後述するローラー専用タイヤやフロアマットとの組み合わせることをお勧めします。

またこれらメリットに対してデメリットとしては、タイヤ(後輪)の摩耗が激しい点が挙げられます。

タイヤがローラーに固定されている分消耗がしやすく、タイヤが駄目になりやすいのです。

そのため耐久性に優れるローラー専用タイヤを別に用意するか、普段から予備のタイヤをストックさせておくことを心掛ける必要がありますね。

加えて地味な問題ですが、摩耗によってタイヤカスが出やすいため、使用後にはお掃除の必要があるのがちょっと面倒です。

固定式ローラータイプの特徴まとめ

  • 初心者から上級者まで使用可能
  • ダイエットユーザーにもおすすめ
  • 体が安定するためコケる心配なし
  • 激しく漕ぎやすい
  • 集中する必要がなくテレビも見れる
  • 騒音対策・静穏性に優れる
  • タイヤの消費が激しい
  • ランニングコスト(タイヤ代による)は高め?

3本ローラータイプ

mozroller-05

「3本ローラータイプ」は、ロードバイク・クロスバイクに乗る楽しさお家の中でも味わえるという魅力を持ったトレーニングローラーです。

その使い勝手はシンプルで、固定式ローラータイプのように車輪を固定する必要もなく、文字通り3本のローラーに自転車を乗せるだけ(後輪2本前輪1本)という設計。

2本の後輪用ローラーが、まるで道路を走っているかのような実走感を感じさせてくれます。

固定式が安定性に優れているのに対してこちらは全くその逆不安定、慣れてない人ならコケてしまうのは避けられないでしょう。

しかしこの不安定さは慣れれば別、むしろ魅力にもなります。

不安定な分本当にロードバイクを外で走って言うように感じれるため、固定式とは比べ物にならないほど楽しみやすく、またロードバイクを正しく乗りこなすための練習にもなり得るのです。

慣れないうちは壁に手を突きながらなど、多少の工夫や努力も必要ですけどね。

ただある程度経験を積んだユーザーにとってはこの魅力は大きく、固定式よりも人気を集めているようです。(固定式購入者もこの魅力に惹かれてこちらを購入するパターンもあるくらいだとか)

とはいえこういった大きな魅力があると同じく、欠点の方もまた応じてかなり厄介でもあります。

3本式ローラータイプは、騒音の大きさという点において難しい問題を抱えているのです。

固定することなく3本のローラーだけで姿勢を維持し、さらにこけない程度の速度でこぎ続けるわけですから、その騒音・振動はどうしても大きなものになってしまうんですね。

一応ローラー専用タイヤを装着することで、ある程度騒音を減らすことができますが、住環境によっては不十分になる可能性も否定できません。

固定式タイプと比べて、アパートなどの集合住宅では使用は難しく、1戸建て(ガレージ付きがベスト)家庭のユーザー以外では購入は慎重になる必要があるでしょう。

また装置自体が少し大掛かりになる分、物自体のサイズや価格が固定式に比べてお高めというのも、ちょっとしたデメリットかも知れませんね。

3本式ローラータイプの特徴まとめ

  • 使用難易度は高め
  • 実走感に優れ自転車らしい楽しみ方ができる
  • 難易度が高い分練習になる
  • トレーニング効果も高め
  • 騒音問題はなかなか厄介
  • お値段もちょっと高い(1万くらい?)
  • 固定式に比べるとタイヤ消耗は少ない
  • タイヤ代の分ランニング国とは多少低?

おすすめの自転車トレーニングローラーとは

この項目からは、固定式ローラータイプと3本式ローラータイプの2つからそれぞれ1つずつおすすめの製品をご紹介していきます。

MINOURA LR340 固定式サイクルトレーナー

81HWdDU7 nL._SL1500_

数ある固定式ローラーの中でも、特に人気が高いのがこの「MINOURA LR340」です。

リモコン操作可能な7段階負荷調節機能を備え、対応可能なタイヤサイズも24インチ~700X45Cと豊富。

静穏性の評判も中々高めですね。

また前輪を固定するために必要なマグライザー(固定器具)や後輪湖底に必要なクイックレリースも付属しているため、あれこれほかのパーツやグッズを買いそろえる必要がないのも魅力ですよ。

※ただしローラー専用タイヤや騒音対策用のフロアマットは除く。

MINOURA LR340の特徴

  • 大きさ・寸法:W610×D410×H390mm(設置時)
  • 重量:5.9kg
  • 負荷調節機能:リモコン式7段階
  • 付属品:マグライザー・クイックレリース
  • 原産国:日本
  • 対応ホイールサイズ:24インチ~700X45C

MINOURA MOZ-ROLLER

3本式ローラータイプの中でも飛び抜けた人気を持つのが、この「MINOURA MOZ-ROLLER(モズ・ローラー)」です。

本製品は固定式に比べ圧倒的に実走感に優れ、リアルな自転車の楽しみを再現可能。

側面に専用のステップ(足置き台)が備え付けられているため、乗り降りがしやすくバランスを崩した時にも安心です。

いざという時の安全対策にはもちろん、ロードバイクに慣れていない人の練習用としても使いやすいわけですね。

また、3つ折り式タイプのため収納時にはコンパクトに畳ことが出来(下記画像参照)、不使用時にもスペースを無駄に使うことなく邪魔になりません。

使うときにも開くだけなので手間いらず、準備も片付けも手軽に行えます。

室内やガレージでの使用を検討されている方には、安心材料になりますね。

ただし、価格面はやはり上記の固定式に比べるとやや高めになりますし、騒音問題はある程度覚悟することが必要です。

※なお組み立てにはスパナやプラスドライバーなどが必要です。

MINOURA MOZ-ROLLERの特徴

  • 大きさ・寸法:使用時(収納時)/幅540mm、長さ1310mm(520mm)、高さ520mm(180mm)
  • 重量:6.5kg(ステップ、ガード含む)
  • 対応ホイールサイズ:24インチから700c(ホイールベース950mm-1090mm)
  • 三つ折式折り畳みコンパクト収納
  • 側面乗降用ステップ・前輪ガード装備
  • ローラーサイズ:直径80mm、幅410mm
  • 原産国:日本

耐久性と騒音対策にはローラー専用タイヤがオススメ!

616azjiefPL._SL1200_

固定式ローラータイプはもちろん、3本式ローラータイプ使用時の騒音対策強化としてもローラー専用タイヤはお勧めです。

ローラー専用タイヤは、通常のタイヤとは比べ物にならないほど耐久性や静穏性向上に優れているためです。

消耗するタイヤ代の節約、また集合住宅住まいの方の騒音対策として活躍が期待できます。

特に3本ローラータイプの騒音が気になる方にとっては、隣人からのクレームを避ける意味でも”必須”になるかもしれませんね。

ただし、本製品はあくまでローラー専用であるため屋外での使用ができないという欠点もあります。

頻繁に外でも自転車を使用される方の場合には、ちょくちょくタイヤを変更したりする手間がかかってしまうわけですね。

もちろんホイールごと交換することで、時間短縮という手もありますが、その場合はホイール代が余分にかかってしまいますから、なかなか難しいところでもありますね。

こちらもオススメ!

弱虫ペダルファンにおすすめ!値段が高すぎない初心者向けロードバイク4選!

2016.08.26
スポンサーリンク