人気のおすすめエアロバイク!アルインコAF6200の感想&徹底解説!

41sfhpgKMbL._SY450_
スポンサーリンク

数あるエアロバイクの中でも、特に人気の高いエアロバイクとして各所で評判になっているのがアルインコのエアロバイク「AF6200」です。

このAF6200は、エアロバイクとしては比較的手ごろな価格帯にありながら、性能や品質に優れているコストパフォーマンスの高さが特徴的な製品。

購入者からの評価も高く、エアロバイクを初めて手にする方が最初に選ぶエアロバイクの大定番になっているんですよ。

さて、そこでお送りする今回は、そんな多くの方がオススメする「AF6200」について、実際に購入した筆者が自身の感想を含めて徹底解説。

使用してみての各種機能の感想や、気になるダイエット効果などなど、エアロバイクをこれから買おうか迷っている人たちにとって、参考になりそうな情報をまとめてご紹介していきます。

アルインコAF6200とは?

61Wx8CkLC5L

各種機能などの感想の前に、まず最初にご紹介しておきたいのは、そもそもこのアルインコ「AF6200」とは、いったいどんなエアロバイクなのかという点についてです。

そこでこの項目では、アルインコ「AF6200」が持つ各種機能や特徴などを、簡単に箇条書きにしてご紹介していきましょう。

  • 本体サイズ:約幅81×奥行51.5×高さ124cm
  • 重量:約22kg
  • サドル高さ : 69~85cm(3cmピッチ7段階)
  • カロリー・速度・回転数・移動距離・運動時間・心拍数メーター
  • 8段階負荷調節機能
  • ハンドル位置調節
  • 移動用キャスター付き
  • amazonベストセラー
  • 高評価レビュー多数
  • 価格20000~25000前後?(詳しくは下記項目)

いささか雑な感もありますが、基本的な情報としては以上のような感じになりますね。

それでは次の項目からは、アルインコAF6200の各種機能等について、実際に使ってみた感想を踏まえながら詳しく解説していきたいと思います。

カロリーメーターの表示画面とは?

DSC_0295

ダイエット用としてもトレーニング用としても、決して欠かすことのできない機能といえるのがこの「カロリー等各種メーター機能」です。

このメーター機能は、ペダルをこぐことによって自動的に電源がONになり、各種データ(カロリー・速度・回転数・移動距離・運動時間・心拍数)を表示。

運動量や時間の目安として、計画的な運動をサポートしてくれます。

実際使ってみるとこの機能は、非常にありがたい存在と感じました。

例えば運動時間やカロリーの表示機能、運動距離などは、どのくらい運動するのかを決めるうえでとても効果的な指標になってくれますし、はっきりと運動の成果が分かる分励みにもなってくれます。

カロリーの数字のキリが悪かったりすると、もうちょっとだけ頑張って運動しようと思ったりもしますしね。

モチベーションを高めたり、維持したりするのに大活躍してくれるんです。

特に消費カロリーの表示機能については、計画的なダイエットを進めるうえで大きな助けになりました。

1日当たりどのくらいカロリーを消費するのか決めたり、また食事制限と合わせて1日ごとのカロリー制限をコントロールするのに有効なんです。

食事の摂取カロリーが高い日はその分大目に消費したりなど調節できるので、計画にずれなどが生まれにくいんですよ。

負荷調節機能の感想は?

DSC_0289

ダイエット効果にかかわる重要な機能として、見逃せないのがこの8段階の負荷調節機能です。

いわゆるペダルの重さ調節機能のことですね。

個の負荷の大きさを目的に合わせて調節することで、運動量をコントロールし適切なカロリー消費を行うことが出来るようになるんですよ。

さて、実際に筆者が使ってみた感想としてみましては、この機能は立ち漕ぎが座って漕ぐかによって大きく変わると言えます。

例えば1~3段階(軽い)については、基本的には座りながらウォーミングアップ用としてか、テレビなどを見ながらのんびり運動したいときに使うのがオススメです。

ペダルが軽いためあまり強い力を入れなくても漕げる分、リラックスしてほどほどに汗をかきながら運動することが出来ます。

ただしペダルが軽い分、立ち漕ぎには適しているとは言えませんね。(女性の場合は個人差あり)

次にメインの運動用して使われるのが、4~6段階の負荷になります。

この段階では立って漕ぐか座って漕ぐかは人によってバラバラ、男女体格等個人差が出やすくなってきますね。

基本的には30分から1時間を目安として運動するのが、一般的といえるでしょう。

汗もかなりかきますし、運動量的にもカロリー消費的にも、体力に合った無理のない範囲の運動に当たると思います。

最後に7~8段階についてですが、この段階は基本的には男性向け、追い込み用として使うのが適切かと思います。

ペダルもそれなりに重く、漕いでいると膝の上あたりの筋肉に効いているような感じがあります。

筆者的には、8段階を座って長時間漕ぐのはちょっとしんどったですね。(立ち漕ぎのほうがやりやすい)

運動量的な意味も含めて、主に立ち漕ぎで使用するのがダイエット向き又はトレーニング向きかと思います。(すごく汗をかきます)

またのちほどの項目でもご紹介しますが、心拍数を意識しながらハード目に漕ぐとより優れた運動効果が得られるため、より強力なダイエット効果や体力向上を意識されている方には特におすすめと言えますよ。

なおこの機能の使い方ですが、これはいたって簡単です。

写真のダイヤルを回して好きな負荷の数字にメモリを合わせるだけ。

エアロバイクに乗ったままでも手軽に変えられるため、体力の状況やその時どきの気分(追い込むかのんびりか)にあわせて、ちょこちょこ調整するのがオススメですね。

サドルの高さ調節機能の感想は?

DSC_サドル

このAF6200のサドルは、上の画像の通り7段階で16cm上下に動かすことが出来ます。

地上からの高さはサドル中央で69~85cm、べダルからの距離は最もサドルから離れたところで(時計でいうと8時くらい)、サドル中央から58~75cmほどとなりました。

基本的には小柄な女性から、一般的な高さ~少し高めの男性を対象とした高さ設定の様ですね。

175cmの筆者が使用してみた感じでは、6~7段階くらいがほどほどに膝も曲がってちょうど動かしやすい高さだと感じました。

180cmを超えるくらいの方となると、人によっては低すぎる可能性も出てくるかもしれませんね。

この点については、スポーツ用品店等で実物を確認してから購入を検討されるほうが良いかと思います。

ハンドル角度も変更可能!

DSC_ハンドル

購入前はあまり気にしなかったんですが、実際に使ってみると意外と使えるなと感じさせられたのがこの「ハンドルの角度調節機能」です。

このAF6200では、上の画像の通りハンドルの角度を45度くらいから90度くらいの角度まで変更することが出来るんです。

この角度調節機能は、ユーザーの身長や運動時の姿勢、運動のタイプによって合わせることで運動効果や快適性を高めることに効果を発揮します。

例えば45度の状態で座って漕ごうとした場合、どうしても姿勢が前かがみになってしまいますよね。

この場合では長時間漕ぐとなると、首や肩が疲れちゃったりする問題があります。

しかし、この時ハンドル角度を90度程度にと変えると、この問題は解決します。

90度の状態でハンドルの垂直部分を持つと、背筋を伸ばした正しい姿勢の状態で漕ぐことが出来るようになるんです。

テレビなども見やすく、姿勢が安定するので長時間漕ぐのにおすすめの姿勢になるわけですね。

これとは逆に45度のハンドル角度は、より激しく自分を追い込む、トレーニング向けの運動に最適な姿勢を作ってくれます。

自転車競技の選手たりがロードバイクをこぐように、あえて前傾姿勢になることでより早くより力強い激しい運動をすることが出来るんです。

より大きなダイエット効果を得たい場合や、体力の向上を目的とする場合に効果的な角度といえるわけですね。

心拍数計測機能は脂肪燃焼に効果的!

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

このAF6200は、効率的な脂肪燃焼に効果的な心拍数計測機能が備わっています。

ハンドつについている、シルバーの部分がそうですね。

この部分を握ったまま運動することで、自身の心拍数をリアルタイムでモニターに表示することが出来るんです。

この心拍数を知るというのは、実はダイエットをするうえで大きなメリットになります。

なぜなら心拍数には脂肪燃焼に効果的な「値」が存在し、その数値をキープして運動を続けることで通常よりも優れたダイエット効果を得ることが出来るんです。

そのため同じ運動時間でも、心拍数を意識して運動するかしないかによって脂肪燃焼の効果は大きく変わるといえるわけなのですよ。

なお、この脂肪燃焼に効果的な心拍数の求め方ですが、これは簡単な計算によって知ることが出来ます。

その計算式は、220-年齢=最大心拍数×50~65%となります。

例えば30歳の方を目安に計算すると、220-30(年齢)で最大心拍数は190。

この最大心拍数190の50~65%に当たる数値、つまり190×0.50=95から190×0.65=123.5までの数値が、脂肪燃焼に最も効果的な心拍数となるわけですね。

エアロバイクは超時短ダイエット「HIIT」と相性抜群!

photo-1431499012454-31a9601150c9

このエアロバイクをダイエットに活かす運動法として、個人的におすすめしたいのがHIITと呼ばれる短時間&高強度な運動トレーニングです。

このHIIT(タバタ式とも呼ばれる)というのは、高強度の全力運動を20秒と10秒間の休憩を1セットとし、これを8セット時間にして4分間行うというもの。

非常に短時間で出来る運動なのにもかかわらず、驚くほどの脂肪燃焼効果(運動効果)を得られるとして今注目を浴びている運動法なんです。

ただし短時間とはいえ、全力で運動する分このHIITは思った以上にきつい運動にもなるので、あまりハードなダイエットがお好みでない方にはお勧めできないかと思います。

なおこの「HIIT」については、詳しくは以下の記事でもご紹介しています。

1日4分短期間で痩せる!タバタ式ダイエットの効果とやり方!

2015.10.28

キャスター付きで移動も便利?

DSC_0299

このAF6200には、重いエアロバイクの移動や設置をサポートするために、小さなキャスターが装備されています。

位置としてはエアロバイクの前側(メーター側)の足の部分、両サイドのところですね。(画像参照)

エアロバイクのサドル側を持ち挙げて斜めにすることで、このキャスターを利用し動かすことが出来るんです。

もちろん、本体自体の重さがあるため楽々とはいきませんが、キャスターがありと無しでは大きな違いがあると言えるでしょう。

直接引きずるわけではないので、床面を気付付けてしまう心配も減らせますしね。

気になる音は意外と静か!

特に賃貸住まいの方などにとって気がかりなのが、エアロバイクの騒音問題ですよね。

この点については、使用しての感想としては全く問題ないといえると思います。

流石に無音というわけではないですが、音は十分静かな部類だと思いますし、うるさいと感じることはないといえるでしょう。

テレビを見ながらでも音楽を聴きながらでも、快適に使用することが出来ますよ。

使用時はシューズを履くのがオススメ!

DSC_0287

室内で運動できるエアロバイクですが、実際に使用する際には室内用のシューズをはくのがオススメです。(※もちろん裸足でも使用は可能です)

シューズをはいた状態のほうが足も安定しますし、ペダルの踏み込みもしやすいですからね。

またこのエアロバイクのペダルには、専用のベルトが備えつけられているというのも重要なポイントになります。

このベルトを使って足をしっかりと固定することで、踏み込みはもちろんべダルを上げる動作もしやすくなり、漕ぎやすさがかなり向上するんです。

ただしこのベルトは、素足で直接使用するとなるとあまり付け心地のいいものではありませんし、しっかりと固定することもできませんから、そういう意味でも室内用シューズをはいたほうが効率的と言えるんですよ。

筆者は10kgのダイエットに成功!

さてここまで長々と「AF6200」の機能や使用感などについてご紹介してきましたが、この項目ではこのエアロバイクを使って行ったダイエット経験について軽く触れておきたいと思います。

まず結論から申し上げますと、筆者はこのエアロバイクを使用したダイエットによって10kgのダイエットに成功いたしました。

期間は4か月ほどで75kg→65kgのダイエットになりますね。

主な使い方としては、テレビで海外ドラマを見ながらというのが多かったです。

時間的にも50分くらいで1話分なので、体力的にもちょうどよく無理なく運動することが出来ました。

テレビに意識が向く分、しんどさも紛らわせますしね。

ただし慣れるうちまでは、心拍数をキープするのを忘れてしまったりなどミスもありましたが。

また平日などあまりダイエットに時間をとれない日には、先ほどご紹介した「HIIT」を使うこともありました。

結構きつい運動になるので、頻繁いというわけにはいきませんでしたけどね。

ただこのエアロバイクを使ったダイエットは、室内で行う分天候や季節の影響を受けないため、ほかの運動(ジョギングとか)に比べてはるかに続けやすかったと思います。

お金も初期費用だけでそんなにかかりませんし、水泳みたいにジムに通ったり準備に時間を取られるということもありませんから、お手軽なダイエットといえるでしょう。

もちろん痩せるためにはコツコツと継続することが大切でしたが、今まで経験してきたダイエットの中では一番続けやすく効果が得られたダイエット法だと感じています。

購入者たちの評判は?気になるレビュー一覧?

speech-1019788_1280

個人的な感想にい続いてこの項目では、このアルインコのエアロバイク「AF6200」を実際に購入した他の方々のレビューをいくつかご紹介していきます。

全く運動しないメタボの親父です。夕食後3時間以内に睡眠をとってはいけない(牛になる?)といわれても、夜わざわざ着替えてでかける気にはなりませんので、牛になっていました。妻が購入したのですが、「こんなモノ」と半信半疑でしたが・・・痩せました!
最初は、どんな使い方が効果的なのか分からずに、負荷を掛けて汗ダラダラで二日坊主でした。「せっかく買ったのだから」と一念発起!効果的な使い方を見つけました。
(220−年齢)×0.6=心拍数 この数字は目の前の画面に表示されます。実際に使用していただければわかりますが、心拍数を保ちながらペダルをこぐだけですから、ペダルの重さはレベル1〜3で十分。バカにしてたらとんでも有りません。20分もこいでいたら、脂を含んだような汗がジトジト出てきます。決して大きな負荷をかけませんので毎日できます。
負荷をかけてこぐのは、足の筋力を鍛えるには時には必要ですが、脂肪の燃焼にはならないようです。
71’sから60’sとかなり厳しい減量ですが、3ヶ月で実現しました。もちろんだんだん体重が減少するので、食事にも気を使い出しました。
私もそうですがデジタル表示の正誤性を当初気にしていましたが、そんなことを気にしてなんだかんだ言うよりも、「目標数値」ということで、まずは体は寝る前に動かして続けることが
メタボ脱出の近道。今まで好きなだけホルモン焼きにビール、その後にラーメン・・・そんな生活してきたのですから、天罰と思っています。
エアロバイクの効果は「痩せる」意識を十分高めてくれました。

組み立ても簡単ですぐに使用開始しました。心拍数や距離等の数字を見ながら毎日30分。1か月たちましたがお腹の脂肪が落ち始めてきました。今のところ不具合もなく購入してよかったと思っています。身長の高い人にはサドルの高さが不足気味なこととサドルが固いため別売のサドルカバーが必要となることが注意点かと思います。

以前スポーツジムでよくエアロバイクをやっていて、最近自宅でもやりたくなって購入しました。
スポーツ用品店を何件か覗いて他の機種と比べて見たのですが、こちらは造りがしっかりしてて、グリップの心拍数センサーがあるのが決め手になりました。
組み立ては大きいけれど簡単です。
電源も単3電池二本だけでいいので電源コードの引き回しを考えなくて良いのが良いです。
身長180cmの私には少しだけ窮屈感がありますが座る位置を後ろ側にすれば問題ないです
少し気になるのは、負荷を一番軽くしても少し重いところですね
慣れてくれば大丈夫なんでしょうけど
ほかのエアロバイクに比べるとちょっと負荷が重めな印象を持ちました。
一万円前後の安物よりはこちらの方が絶対にいいですよ

安い?それとも高い?アルインコAF6200の価格とは?

ここまで機能や使用感などをご紹介してきたAF6200ですが、続いてこの項目ではある意味最も重要な要素である”お値段”について触れていきたいと思います。

このアルインコのエアロバイク「AF6200」のお値段は、エアロバイクとしては比較的お手頃な価格と言えます。

買うお店にもよりますが、大体2万円から2500円前後、高くとも3万円以内に収まると思います。

ちなみに筆者の場合は、2年位前にアマゾンで21000円くらいで買ったと記憶しています。

ただし、これらネット通販の価格は割と変動することも多いため、詳しくは下記のリンクより実際にご覧になっていただくのがベストかと思いますよ。

アルインコAF6200以外には?折りたたみ&他メーカーのおすすめエアロバイクはこちらから!

アルインコAF6200は、非常に優れた使いやすいエアロバイクとは思いますが人によっては違うものを止めている方も多いかと思います。

例えば収納に便利な折りたたみのエアロバイクやお値段の安いもの、あるいはもっと本格的に運動できるタイプのものとかですね。

そこで以下のリンクの記事では、今回ご紹介したAF6200を含め合計6種類の異なるエアロバイクをご紹介。

それぞれの特徴や機能を簡単にまとめましたので、よろしかったらご参考までにご覧ください。

定番人気から格安品も!2016年版おすすめのエアロバイク6選!

2015.12.30
スポンサーリンク