ダイエット中でもお肉が食べ放題?驚きの食事法MECの効果とは?

03442_MeatDairyEggs
スポンサーリンク

ダイエット中の食事といえば、高カロリーなお肉は避けて野菜やお魚中心というのが基本ですよね。

ダイエットのためには、高カロリーなものや脂質の多いものは避けるのが常識です。

しかし、世の中にはこの常識に真っ向から反するダイエット法もあります。

それが「MECダイエット」。

お肉(Meat)・卵(Egg)・チーズ(Cheese)の頭文字から名づけられたこのMECダイエットは、これらの食品を中心とした食事をとることで体質を改善。

驚くことに、お肉・卵・チーズといった高カロリーな食品ばかりを食べるのに、優れたダイエット効果を得ることが出来るようなんですよ。

そこで今回は、そんな常識外れのダイエット法「MEC(メック)ダイエット」大特集。

気になるMECダイエットで痩せる理由やその効果の秘密、MECダイエットのやり方などをご紹介していきます。

MECダイエットの効果と痩せる理由とは?

お肉・卵・チーズ中心の食事というと、何となく体に悪そうな太ってしまいそうな気がしてしますよね。

こんな食事でダイエットできるなんて、そうそう信じられるものではありません。

カロリー制限的にも脂質量的にも、どう考えてもダイエット中はアウトな食事ですからね。

しかしMECダイエットは、こういった既存の(カロリー制限などの)ダイエット法とは少々異なる考え方を持ちます。

なぜならMECダイエットは、体質改善と糖質制限を組み合わせたまったく新しいダイエット法なのです。

MECダイエットは糖質制限ダイエットの進化版?

Bread_and_grains

簡単に言ってしまうと、MECダイエットは糖質制限(炭水化物制限)ダイエットの亜種(あるいは進化版)と言える方法です。

この糖質制限というのは、体のエネルギー源の一つである「糖質」をあえてとらないようにすることで、もう一つのエネルギー源である「体脂肪」の消費を促進。

エネルギー消費のメカニズムを変えることで、少ない負担で効率的な脂肪燃焼を行うダイエット法のこと。(詳しくはこちら)

従来のカロリー消費を増やす、あるいはカロリー摂取を制限することで脂肪燃焼に”繋げる”方法と違い、「直接的」に脂肪を燃やすことが出来る方法というわけです。

しかし、この糖質制限ダイエットと比べると、MECダイエットにはある「違い」が存在します。

なぜなら糖質をとらないことを最重視する糖質制限に対し、MECダイエットでは良質な「たんぱく質」を大量に摂取することを最重視しているんです。

どうしてMECではたんぱく質を重視するかというと、それは糖質制限が持つある「欠点」に理由があります。

MECダイエットは栄養不足を解決する!

nutrition

ご飯やパンなどの炭水化物や、一部の野菜類などに含まれている「糖質」をとらないようにする糖質制限ダイエットには、ある欠点が存在します。

それが、栄養不足に陥りやすいという問題です。

そもそも糖質制限ダイエットでは、糖質を制限する分お肉やお魚・野菜など糖質が少ないものをたくさん食べることが非常に重要とされています。

しかし糖質制限ダイエットを行う方の中には、ダイエットをしたいという気持ちが強いせいかついつい食事量をセーブしてしまい、結果的に栄養不足になってしまうケースがあるんです。

頑張り過ぎて、空回りしてしまうというわけですね。

そこで、そういった問題を解決するために考案されたのが、このMECダイエットです。

肉・卵・チーズといった栄養価が高い食品を中心に食べまくるこのダイエット法は、体を作る代表的栄養素「たんぱく質」を大量に摂取することが可能。

問題になっていた栄養不足のリスクを解決し、健康的な体を維持することに一躍買ってくれるのです。

豊富なたんぱく質が筋肉を増やす?

GTY_cristiano_ronaldo_shirtless_sk_140530_4x3_992

大量のたんぱく質を摂取できるMECダイエットは、筋肉をつけるにはもってこいと言えます。

皆さんもご存知の通り、たんぱく質は筋肉を作るための元になる栄養素なのですからね。

この筋肉を増やすことは、ダイエットにおいては大きなメリットを生み出します。

なぜなら筋肉をつけることは、基礎代謝を高めることになるので、カロリーの消費量を増やして脂肪燃焼効果を促進することが出来るんです。

しかも筋肉が落ちない限りは、基礎代謝が高い状態を維持できるので、ダイエット後のリバウンド対策としても効果を発揮してくれるんですよ。

ただし、筋肉をつけるためにはたんぱく質の摂取と同じく筋トレや運動を行うことも欠かせません。

食べるだけではなく、きちんと体を動かして筋肉に刺激を与えることが大切になるわけですね。

またダイエット中というのは、普段よりもエネルギーが不足しているという事情から、筋肉量の減少が起こりやすいという問題も抱えています。

不足しているエネルギーを補うために、体がエネルギーの代わりとして筋肉を消費してしまうわけですね。

そのため筋肉量の減少を防ぐという意味でも、たんぱく質を摂取し運動をするということは重要な意味を持ちます。

筋肉量が落ちると当然基礎代謝も落ちてしまうので、痩せにくく太りやすい体になりリバウンドのリスクを高める結果になりかねないのですよ。

痩せる理由は6つ!ゆで卵ダイエットの効果とやり方!

2015.08.23

MECダイエットは美肌にも効果大?

skin care8-saidaonline

ヘルシーなイメージとはかけ離れた食事を行うMECダイエットは、意外にも「美肌」を作ることにも効果があるようです。

その鍵を握っているのが、先ほどご紹介した筋肉を作る栄養素「たんぱく質」。

実はたんぱく質には、お肌のターンオーバーを促し古いお肌から新しいお肌へと再生していくのを促してくれる働きがあるんです。

また、これに加えてたんぱく質には、お肌の張りや弾力を支えることでお馴染みの「コラーゲン」の生成を助ける働きや、お肌を乾燥から守る保湿効果を高める働きも備わっています。

つまりたんぱく質をしっかりとるMECダイエットは、ダイエットに加えてスキンケアの面でも大活躍してくれるといえるわけですね。

なお、たんぱく質と美肌との関係については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

卵の栄養が美肌・美髪を作り出す!健康にも効果的な卵のスキンケア!

2015.08.27

MECダイエットのやり方!

MECダイエットの効果に続いて、こちらの項目からはいよいよMECダイエットのやる方についてご紹介していきましょう。

MECダイエットのやり方は、非常に簡単です。

まず重要になるのが、何度も触れたとおり「お肉・卵・チーズ」を中心にたくさん食べることです。

食べるものは、お肉なら鶏肉でも豚肉でも牛肉でも、なんでもOK。

ハムやソーセージなどの加工食品、卵・チーズについても同様に、とにかくお腹いっぱい食べることが大切です。

また、これらの食べるうえで、注意していただきたいのが「よく噛んで食べる」ことです。

目安としては、大体30回くらい噛むようにしたいですね。

さらにMECダイエットを行う上では、食べてはいけないもの(極力避けたい)もあります。

糖質の多い炭水化物(ご飯やパンなど)や、甘いもの全般ですね。

これはMECダイエットが、糖質制限ダイエットを兼ねていることが理由になります。

以上までが、MECダイエットの大まかなやり方です。

それでは次の項目からは、ここで軽く触れた点を踏まえてもう少し詳しくご紹介していきましょう。

MECダイエットの食事量の目安とは?

dt100261-1

お肉・卵・チーズをお腹いっぱい食べるのがMECダイエットの基本ですが、その配分や目安となる分量を知っておきたいという方もいるんじゃないでしょうか。

それぞれバランス良く食べるべきなのか、あるいは多少偏ってもいいのか、食事メニューを考える上ではわりと必要な情報ですからね。

そこでその目安になるのが、以下のMECダイエットの1日当たりの推奨食事量になります。

  • 肉…200g
  • 卵…3個
  • チーズ…120g

こうしてみると、思ったほど多い量というわけではないですね。

卵はともかくとして、お肉の場合だと鶏もも肉では1枚分ないくらい、チーズの場合だとスライスチーズ1パック分ほどになります。

ただしこれはあくまで目安にすぎませんので、実際にMECダイエットを行う際はあまり気にせずに、しっかりとお腹いっぱい食べることをお勧めいたします。

野菜やご飯は食べても大丈夫?

gohan-hakumai

糖質制限ダイエットとしても一面も持つMECダイエットでは、糖質を多く含む炭水化物類は極力避ける必要があります。

糖質をとってしまうと、せっかく切り替わろうとしていたエネルギー消費のメカニズムがうまくいかなくなるリスクがありますからね。

とはいえ食べ慣れたご飯やパンを、いきなり完全制限するというのはなかなか難しい話でもあります。

そこでどうしても我慢できないときには、お肉や野菜などを食べ終えた最後に、ほんの少量だけ食べるのをお勧めいたします。

また野菜については、ビタミンなどの栄養補給としてお口直し・箸休め程度に食べることが推奨されています。

ただし、ジャガイモやゴボウ・人参などの根菜類などは糖質を多く含んでいるので、ご飯などと同様に避けることが必要です。

そのためMECダイエット中に食べる野菜は、糖質の少ないキャベツや白菜、もやしなどの葉物系野菜がオススメといえますね。

よく噛むことも大切!

osyare102g

食べ物をよく噛むことは、MECダイエットの効果を高めることにつながります。(目安は30回)

実は噛む回数を増やすことは、満腹中枢を刺激し満腹感を感じやすくしてくれるので、少ない量でも満腹になりやすく食事量を抑えることにつなげられるんです。

つまり、カロリーや脂肪の摂取量を程よく抑えられるわけですね。

また噛む回数を増やしておくことで、よく噛むことを習慣づけできるのも大きなメリットです。

ダイエットが終わった後も「よく噛む」習慣を残しておけば、満腹感をコントロールして食べすぎを防止することが出来るので、リバウンド対策としても効果的なんですよ。

なお、よく噛むことのメリットについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

芸能人も実践!よく噛むダイエットの凄すぎる9つの効果!

2015.10.05

MECダイエットの頻度は?毎日・毎食やらなきゃダメ?

Packed-schedule-busy-social-media

MECダイエットを行う上で、心配になるのがこの食事内容を毎日行わなければいけないのかという点ですよね。

お肉や卵・チーズといった食事内容を毎日3食続けるというのは、やはり飽きやすいものでしょうし胃もたれなども心配ですから。(あと食費の面でも)

結論から言うならば、MECダイエットは必ずしも毎日・毎食行う必要はありません。

より高い効果を求める場合には毎日・毎食行ったほうがいいのは事実ですが、ダイエット効果自体はたとえ1日1食MECに変えるだけでも得ることはできるんです。

そのためMECダイエットに慣れていないはじめのうちは、夕食あるいは朝ごはんのみという感じで始めて、慣れてきたらダイエットの成果や食事との相性などを考えて、徐々に増やしていくのがオススメといえるわけですね。

あくまで無理をせず、自分の体と相談しながら行っていくことが大切ですよ。

スポンサーリンク