ダイエット中の痩せないを解決!チートデイの効果とやり方!

www.womenshealthmag.com
スポンサーリンク

皆さんはダイエットしているのになぜか体重が落ちない、思ったように痩せられないという悩みを抱えたことはありませんか。

実はこれはダイエットの停滞期といわれる生理現象の一つで、この状態だと毎日しっかり運動をしたりカロリーをとりすぎないよう食事制限をしていたとしても、思ったより痩せることが出来なくなってしまうんです。

とはいえそんな状態が続いていては、いつまでたってもダイエットを成功させることはできません。

そこでその対策として、オススメになるのが「チートデイ」と呼ばれる食事法。

なんとこの方法では、ダイエット中にも関わらず思いっきり食べたいものを食べまくることで、この困った停滞期を解決することが出来るそうなんです。

そこで今回は、そんな驚きのダイエットテクニック「チートデイ」を大特集。

気になるやり方やその効果、行う頻度など「チートデイ」でダイエットを成功させるための方法をまとめてご紹介していきます。

ダイエットの停滞期を解決する!チートデイの効果とは?

出典:www.cyclingweekly.co_.uk

ダイエットしてるのに痩せない!困った停滞期とは…?

本来ならばカロリーに注意しなければならないダイエット中に、あえてカロリー無視で好きなものを食べまくる「チートデイ」。

その効果の秘密は、そもそもの原因である”停滞期”のメカニズムに関係があります。

ダイエット中になぜか痩せなくなる停滞期は、簡単に言ってしまうとダイエットを頑張りすぎた結果として起こってしまう現象です。

長い期間行われたダイエットによって、体自体が摂取カロリーの少ない生活に慣れて低カロリーな生活に最適化。

摂取されるカロリー量に合わせて、カロリーを消費しすぎないように対応してしまうんです。

そのためいくら摂取カロリーを抑えたり運動をしたとしても、停滞期ではカロリーの消費自体が行われにくくなっているため、なかなか痩せることが出来ないというわけなのです。

食べることで痩せる!チートデイの効果とは…?

ダイエットを頑張りすぎた結果、消費カロリーが落ちてしまう停滞期。

チートデイでは、そんな停滞期をあえてたくさんのカロリーをとることで解決します。

なぜたくさんのカロリーをとることが停滞期の解決に効果があるのかというと、それは先ほどの”体が低カロリーに慣れる”という現象に理由があります。

チートデイでは、”低カロリーが当たり前”と認識している体にわざと高いカロリー与えることで体を刺激。

「カロリーがちゃんと入ってくるぞ」と思わせてやることで”低カロリーが当たり前”という認識を壊し、それまで通りの正しいカロリー消費を行えるようにしてくれるんです。

つまりどうしても痩せられなかった「停滞期」を終わらせ、体を”痩せるモード”へと切り替えてくれるわけですね。

頑張った自分にご褒美を!チートデイでストレス解消!

ダイエット中といえば、どうしても低カロリーな食事が中心になり好きな食べ物を我慢することが多いですよね。

ダイエットを成功させるためには、食事制限は一番の近道と言えますしきちんと管理しなければいつまでたっても痩せることはできません。

とはいえ、そんな毎日ではストレスが溜まってしまうのもまた事実。

イライラしすぎて嫌になって、ダイエットを続けられなくなってしまうリスクもありますよね。

ですがチートデイでは、そんな溜まりに溜まったストレスを一気に発散できます。

好きなもの食べ放題のチートデイでは、お肉だろうとケーキだろうとなんでもOK。

あくまで停滞期を解決するためという大義名分もあるので、ダイエット中でも罪悪感を感じることなく食事を楽しめるんです。

つまりチートデイは、それまでダイエットを頑張ってきた自分へのご褒美でもあり、これからダイエットを続けていく自分への”エール”でもあるわけですね。

チートデイはあのダルビッシュ選手も実践!

効果的なダイエットには欠かせないチートデイは、あのメジャーリーガー”ダルビッシュ・有選手”も実践しています。

その内容は上の画像の通り。

ダルビッシュ選手といえば、少し前にインスタグラムにて公開ダイエットを始めたことでも話題になりましたよね。

鶏むね肉や玄米を中心とした食事や、青魚ばかりのローカーボダイエットなどストイックにダイエットに取り組む姿が垣間見れました。

今回のチートデイはその一環として行われたもので、最後に行われたチートデイから実に23日ぶりとのことです。

なお、詳しくは以下の記事でご覧いただけます。

【続報】食事は栄養最優先!ダルビッシュのダイエット生活とは…?

2015.11.25

頻度とやり方は?チートデイを成功させる秘訣!

出典:www.jmdedu.com

チートデイの効果について分かったところで、ここからはチートデイを成功させるためのやり方や失敗しないための注意点などを中心にご紹介していきます。

チートデイの食事内容と摂取カロリーとは?

チートデイをやるうえで、まず気になるのがこの部分ですよね。

まず食事内容についてですが、基本的にチートデイではここまで触れてきた通り何でもOK。

糖質も脂質も一切無視して、食事におやつ・食後のデザートなど好きなものを好き放題ガンガン食べて大丈夫です。

またチートデイの目安となるカロリー量ですが、こちらは基礎代謝の3~4倍程度が一般的。

20代女性の基礎代謝は大体1200kcalほどなので、チートデイでは3600kcalほどの摂取がオススメといえるわけですね。

ただしこの数字はあくまで目安であり、必ず取らなければならないというわけではありません。

カロリーを気にして無理して食べる必要はないので、安心してチートデイを楽しんでください。

チートデイを成功させるための正しい頻度とは?

ダイエットの効率化にもストレスの解消にも効果的なチートデイですが、その”頻度”には注意が必要です。

チートデイの正しい頻度は、基本的には3週間から4週間ごと。

大体月に一~二回程度が目安になるわけですね。

チートデイはたくさんのカロリーをとる分やりすぎは禁物なので、きちんやる頻度は守るよう意識することが大切ですよ。

糖質制限中のチートデイとは?

近年大流行しているダイエット法の一つに、糖質制限ダイエットというのがありますよね。

糖質制限は甘いものやご飯などの炭水化物を食べないようにすることで、脂肪をため込む原因になる血糖値の上昇を防ぐというダイエット法。

糖質以外の食事には一切制限がかからず、食べ放題なのに痩せるとして今大きな人気を集めているんですよ。

さて、そんな糖質制限中に行うチートデイですが、基本的には通常通り好きなものを食べ放題でOKです。

普段我慢し続けてきた甘いものや、ご飯やパンなどの炭水化物もがっつり食べることが出来ます。

ただし長い間我慢してきた分、「チートデイが終わった後にまた甘いものを我慢するのは結構大変、欲求が抑えにくくなる」という口コミもあるので、人によっては合わないことがあるかもしれません。

糖質制限ダイエットのチートデイは、通常のダイエットの場合よりも注意が必要ですね。

大人気!糖質制限はなぜ痩せる?驚きのメカニズムを徹底解剖!!

2015.07.22

太るリスクは?チートデイのダイエットへの影響と注意点!

停滞期の解決には効果抜群のチートデイには、注意点もいくつかあります。

その中でもまず挙げられるのは、チートデイは必ず1日だけにするという点です。

好きなものを好きなだけ食べれるチートデイは、ダイエット中の食欲に飢えた体にとっては破壊力抜群。

ついつい次の日も、チートデイを行いたくなってしまいます。

ですが2日目以降のチートデイは、痩せるどころかむしろ太る原因。

カロリーをとったらとった分だけ、体脂肪へと変わってしまうんですよ。

またもう一つ注意していただきたいのは、チートデイではカロリーはがっつりとることを意識するということです。

長いダイエットを続けてきた方にとっては、好きなだけカロリーをとっていいと言われても無意識に自重してしまうということもあると思います。

ですが中途半端なカロリー摂取では、チートデイには逆効果。

十分な効果が得られず停滞期からの脱出には失敗、さらに中途半端にカロリーをとった分だけ太ってしまうということにもなりかねないのです。

つまりチートデイは、メリハリをつけてしっかりやることが成功の秘訣といえるわけですね。

チートデイの翌日と今後のダイエット!

たくさんのカロリーをとったチートデイの翌日は、ほぼ間違いなく体重は増えていると思われます。

ですがこれはあくまで一時的なものなので、心配の必要はありません。

大事なのはむしろ、それ以降。

チートデイの翌日からは、それまで行っていた通りしっかりと食事制限や運動を行いダイエットを継続していくことが大切なのです。

チートデイによって停滞期は解決され消費カロリーは元に戻って入れるので、ダイエットを続けていけば必ず痩せることが出来ますよ。

スポンサーリンク