太る?それとも痩せる?朝食抜きダイエットの効果とやり方!

Pancake-Breakfast
スポンサーリンク

皆さんは、「朝食抜きダイエット」というダイエット法をご存知ですか。

朝食抜きダイエットは、その名のとおり朝ごはんを食べないだけという何とも簡単なダイエット方法。

朝ご飯を食べないというとちょっと体に悪そうなイメージが浮かびがちですが、意外にもダイエット法としては評判が良い様で「痩せた」という口コミも多いようなんです。

そこで今回は、そんな気になる朝食抜きダイエットについて大特集。

朝食抜きダイエットで痩せる理由や、朝食抜きのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

朝食抜きダイエットの効果とメリットとは…?

Fighting-fakes-about-patients-not-competitive-advantage-says-Rx-360

総摂取カロリーを大幅に減らせる!

logo-500kcal-6

ダイエットにおいて最も大切と言えるのが、「摂取カロリーを減らすこと」ですよね。

運動などによって消費カロリーを増やすことも確かに重要ではありますが、その消費量はあまり過信できるものではありません。

1時間一生懸命運動したとしても、その消費カロリーは多めに見積もっても300キロカロリーあればいいほど。

この程度だとちょっといつもより食べすぎてしまえば、簡単に消費した分以上のカロリーを摂取してしまいますからね。

そのためダイエットを成功させるためには、まず何よりも食事制限が大事になるわけです。

さて、そこで注目したいのが「朝食抜きダイエット」です。

「朝食抜きダイエット」は、文字どおり朝・昼・晩の3食のうち朝食をカットするダイエット法。

カロリー摂取を行う食事自体を減らすことが出来るので、通常のカロリー制限よりも総摂取カロリーを大幅に削減することが可能になるんです。

つまりハードな運動をしなくても、それ以上のダイエット効果を引き出すことができるわけなんですね。

昼食・夕食は好きなものを食べられる!

Main-Proper-dinner

ダイエットにおいては、摂取カロリーを制限することが大切というのは先ほど触れましたよね。

ですが、これにはひとつ気になる問題があります。

それがカロリー制限では、摂取カロリーだけでなく”食べるもの”も制限されていしまうという点。

例えば1日の摂取カロリーを1500kcal程度に制限しようと思うと、1食辺りに割ける摂取カロリーはわずか500キロカロリー程度。

これでは揚げ物はもちろん、お肉類や甘いものを食べることも難しく、食べたいものがあっても我慢しないといけないんです。

つまりカロリー制限ダイエットでは、ただでさえ大変なダイエットに好きなものが食べられないストレスが加わるリスクがあるというわけなんですね。

ですが朝食抜きダイエットでは、そのリスクを大幅に減らすことが期待できます。

朝食抜きダイエットでは、通常の3食から朝を抜いた2食へと食事回数を減らすことになるのでその分摂取カロリーは少なめになりますよね。

そのため1日の摂取カロリーを1500kcalに制限していたとしても、朝食分の摂取カロリーを昼と夜の食事に回すことが出来るので、満足感の高い食事を摂ることが可能に。

調整次第で、お肉や揚げ物を食べることも十分出来るようになるんです。

つまり「朝食抜きダイエット」はダイエット中でも好きなものが食べやすいので、ストレスフリーでダイエットを継続しやすいメリットがあるといえるんですね。

朝食抜きで太るは”嘘”!?

140515_KIDS_Lying.png.CROP.original-original

「朝食を抜くとむしろ太る」、そんな話をよく耳にしますよね。

実はこれ、意外にも”嘘”だったようなんです。

ドイツ・ミュンヘン大学のフォルカー・シュスヅィアラー博士の研究によると、朝食をしっかり食べる人と朝食を食べない人の間では、1食辺りの食事量に違いがないことが明らかになったんです。

つまり朝食をしっかり食べる人は、朝食を食べない人に比べて朝食分だけ多くのカロリーを摂取しているというわけですね。

研究の中で行われた調査でもこの部分は確認されており、朝食を食べる人は食べない人に比べて400kcalも多く摂取していることが分かったそうですよ。

またアメリカで行われた統計調査では、ダイエットに成功した人のうち約2割以上が朝食を抜いていたことが明らかになっており、ドイツでの研究と合わせて「朝食を抜く」ことがダイエットに悪影響を与えないことを裏付けました。

つまり「朝食を抜く」ことは太る原因とは言えず、むしろダイエットには効果的と言えることが研究や統計でも明らかになったというわけなんですね。

朝食抜きダイエットのデメリットとは…?

advantagesanddisadcantages

体温低下で基礎代謝が減少?

682016_G

「朝食を抜くと太りやすくなる」そう言われる理由の一つが、この”体温の低下”にあります。

実は食事や運動というのは、体温を上げるためには欠かすことのできない要素。

そのため、その一つを減らしてしまう朝食抜きダイエットは低温の低下につながりやすいといわれているんです。

また体温が低下すると、血液の流れが悪くなり体の基礎代謝の低下を招く恐れがあります。

基礎代謝は、私たちが1日に消費するカロリーのうち約7割を占めるダイエットには重要な機能。

そのためこの基礎代謝の低下につながる「朝食抜き」は、ダイエットに悪い、むしろ太りやすくなると言われているのですね。

集中力や活力が低下し勉強・仕事の効率ダウン!

How-a-Call-Center-Can-Reduce-Abandonment-Rates-1024x847

朝食を食べないと、集中力が落ちる、仕事や勉強の効率が落ちるとよく言われますよね。

これには、炭水化物や糖分に含まれる栄養素”ブドウ糖”に秘密があります。

実はブドウ糖は、脳の活動には欠かせない重要なエネルギー源。

不足すると記憶力の低下や、集中力の低下を招く恐れがあるんです。

そのためブドウ糖を補給出来る朝食を抜いてしまうことは、集中力の低下につながりやすく、仕事や勉強の効率を悪化させてしまうことになりかねないのですね。

デメリットを減らす!負担の少ない朝食抜きダイエットのやり方とは?

Hand drawing empty diagram

さて、ここまでご紹介してきた2つの「朝食を抜く」ことによるデメリット。

続いてはこれらのデメリットを回避しつつ、なおかつ「朝食抜きダイエット」を成功させるための方法について触れて行きましょう。

このやり方はいたって簡単です。

それは普通のパンやご飯などの朝食の代わりに、少量のバナナなどのフルーツや野菜ジュース、スムージーを食べること。

これらの食べ物(飲み物)は、一般的なタイプの朝食に比べてカロリーが大幅に低く脳の活動に必要な糖分(ブドウ糖)を摂取することが可能。

特にバナナなどは、体のエネルギー源として機能する炭水化物を含むので体温の上昇を起こしやすく、「朝食抜きダイエット」のデメリット対策にはうってつけと言えるんですよ。

とはいえこの方法では、完全に朝食を抜くダイエットに比べるとわずかながらカロリーを摂取する分、ダイエット効果自体は落ちてしまう部分があります。

ですが「朝食抜きダイエット」で起こりうるいくつかの問題の解決には効果的であり、なおかつ少量とはいえ食事をとることが出来るので、我慢するストレスもたまりにくく肉体的にも精神的にも負担は少なめ。

「朝食抜きダイエット」になれていないうちや、ダイエット初心者の方にはぜひともおススメしたい方法なんですよ。

スポンサーリンク