グルテンフリーのドイツパン(ライ麦パン)はダイエットに最適!意外な栄養効果も!

www.value-press.com
スポンサーリンク

皆さんは、ドイツパンってパンを食べたことはありますか。

メルセデス・ベンツ、BMW、最近何かと話題?なフォルクスワーゲンなど、自動車を中心に世界屈指の工業力と経済力を持つ国ドイツ。

そんなドイツは意外にも、世界屈指のパン大国としても有名なんですよ。

海外でパンが有名な国というと、国名を冠するフランスパンなど私たちもよく食べるものが多い、「フランス」がイメージしやすいところですよね。

バケットやパリジャン、パン・ド・ミやクロワッサンなどは有名で、ほとんどどこのパン屋さんでも手にすることが出来ます。

では、それに対してドイツパンはというと、ヴァイツェンブロートやプンパニッケル、ミッシュブロートにフォルコンブロートなどなど。

うーん、正直聞いたことのないようなものばかりですね。

ですがこれらのドイツパン、以外にもなかなか侮れないようです。

なんでも私たちが普段食べているパンに比べて、遥かに高い栄養を持っているんだとか。

そこで今回は、なぞに満ちあふれたドイツパンについて大特集。

ダイエット効果もあるという、ドイツパンの驚きの栄養効果についてご紹介していきます。

ドイツパンってなに…?意外な正体と特徴とは!

ecf23e34

出典:blog.livedoor.jp

世界で最もパンの種類が多いといわれる国ドイツ。

その種類の数は大型のパンで300種類以上、小型のものを含めると1500種類を超えるほどなんだとか。

ここからはそんなドイツパンの気になる正体と、嬉しい栄養効果をご紹介していきます。

ドイツパンの正体はライ麦パン…!?

75771038oehren

出典:www.agrotv.bg

合計1500種類を越えといわれるドイツパン、そんなドイツパンの最大の特徴はその多くの種類にライ麦が使われていることあります。

特に、ドイツ北部の方のパンの多くはその傾向は強く、中にはライ麦100%のパンもあるほどなんだとか。

そんなライ麦を使ったドイツパンは、私たちが普段よく食べる小麦粉のパンと比べてビタミンやミネラル、食物繊維がとっても豊富。

後述する様々な栄養効果と、特徴とを合わせて高いダイエット効果が期待出来るんですよ。

ドイツパンの特徴は…?

1210-img

出典:item.rakuten.co.jp

続いてはドイツパン(ライ麦パン)の特徴について、ご紹介していきましょう。

ライ麦パンの特徴としてまず言えるのが、「歯ごたえの良さ」ですね。

ライ麦を多く使ったドイツパンは、小麦で作る一般的なパンと違いパンを膨らませるグルテンが使われていません。

いわゆるグルテンフリーというやつですね。

そのためドイツパンは、グルテンよってパン生地がふんわりと柔らかくなることがなく、固いしっかりしたパンが多め。

パン外側の外皮も厚く、ずっしりとした素材感があるので歯ごたえも食べごたえも、満点と言うわけです。

ドイツパンは酸味がある…?

E3818AE38184E38197E38184E4B880E38081E383ACE383A2E383B3E38081

出典:berontyon0014.seesaa.net

歯ごたえの良さに続いて、ドイツパンの特徴といわれているのがほんのりとした「酸味」です。

パンではわりと珍しいこの酸味、この理由は意外にも先ほどのグルテンフリーに秘密があります。

ドイツパンは先ほど触れたとおり、パンを膨らませるグルテンが入っていないので本来はふんわりと膨らむことはありません。

ですが、ふんわりとせず膨らんでもいないパンというのは美味しくはありませんよね。

そこでドイツパンは、グルテンを使わずにパンをふっくらさせる方法としてサワー種などの穀物による発酵生地を採用。

ヘルシーな食事には欠かせない、グルテンフリーを維持しながらふっくらとパンを膨らませることに成功したんです。

つまりドイツパン独特の酸味とは、ダイエットにも有効なグルテンフリーを実現している、その「証明」なんですね。

ダイエット効果あり!ドイツパン・ライ麦パンの栄養効果!

healthy-diet

出典:insights.ingredientsnetwork.com

グルテンを使っていないことによって、ダイエット効果があるとされるドイツパン。

そんなドイツパン・ライ麦パンは栄養面も豊富です。

今回ご紹介するビタミンB群や食物繊維に加えて、ダイエットに必要な鉄や亜鉛、さらにタンパク質も非常に豊富。

気になるカロリーも食パン(100g)が264kcalに対して、ライ麦100%のドイツパン(100g)は187kcalととっても低カロリー。

ダイエット中の食事としては、なかなか優秀そうですね。

それではここからは、そんなドイツパンに含まれる様々な栄養効果についてさらに詳しくご紹介していきましょう。

ドイツパンには脂肪燃焼を助けるビタミンB群が豊富!

Slim woman after diet.

出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp

ドイツパンに豊富に含まれるビタミンB群は、「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれる栄養素。

成長促進やお肌や髪・爪などの再生に加えて、ダイエットにも非常に効果的とされています。

何故ビタミンB群がダイエットに効果的なのか、その理由はビタミンB群の脂質や糖質の代謝に関わる働きにあります。

体内に入った糖質や脂質は、酵素の働きによって消化・分解されエネルギーへと変換。

本来ならばそのまま消費されていくんですが、この一連の流れがスムーズにいかないと体が脂肪を貯め込んでしまうことになるんです。

そこでビタミンB群は、補助酵素として働きこの一連の流れを促進。

食事などによって摂取された脂質や糖質を、体内に蓄積させることなく次々に分解・燃焼させていってくれるんですよ。

腸の働きを高めて便秘を解消!ダイエット効果もある食物繊維!

www.prevention.com

出典:www.prevention.com

便秘の解消効果で有名な食物繊維。

ですが食物繊維は、これだけに留まらず他にも様々な効果を持っている栄養素。

そこでこちらでは、そんな食物繊維の栄養効果についてそれぞれご紹介していきます。

便秘の解消効果

食物繊維の効果として最も代表的と言えるのがこの効果ですね。

この効果の理由としては、食物繊維が消化されにくいという点が挙げられます。

胃で消化されにくい食物繊維は、そのまま繊維を残して腸まで到達。

腸を刺激して働きを高めつつ、たまった便を押し出してくれるんですよ。

糖質や脂肪の吸収を抑えて体外に排出する効果

食物繊維のダイエット効果として、挙げられるのがこちらの効果ですね。

この理由としては体内に入った食物繊維の、水分を吸収するとゲル状へと変化する特性があります。

ゲル状になった食物繊維には、一緒に食べた他の食べ物をコーティングして、吸収されにくくしてくれる働きがあるんです。

しかも先ほどのとおり、食物繊維は消化されにくいので脂質や糖質をコーティングしたまま腸に到達。

そのまま便になって脂質や糖質を体外に排出してくれるんです。

胃の中で膨らんで食べ過ぎ防止&間食防止!

胃の中でゲル状になる食物繊維は、その際に吸収した水分によって大きく膨らむ特性があります。

そのため食物繊維を食事に取り入れると、食べた食物繊維がお腹の中で膨らむので少量のごはんでもお腹がいっぱいになりやすいんです。

しかも食物繊維は消化されにくいので、お腹がすきにくく腹持ちがいいので間食の防止にもなるんですよ。

噛み応え満点のドイツパンは満腹中枢を刺激する…?

www.independent.co.uk

出典:www.independent.co.uk

ドイツパンは、満腹中枢を刺激して食べ過ぎ防止に効果があります。

満腹中枢とは、脳の視床下部にある器官のこと。

その名の通り食事によって満腹感を感じるための器官で、この器官が十分に刺激されることによって私たちは「満腹」を感じる事が出来ているんですよ。

しかしこの満腹中枢という器官、実はある問題も抱えています。

それが満腹の信号が出るには、15分から20分の時間がかかるということ。

つまりその時間内にご飯を食べ終えてしまうと、満腹の信号が間に合わず普通よりも食べ過ぎてしまいやすいんです。

食べ過ぎるってことはその分カロリーも摂りすぎになるので、これでは肥満まっしぐらになってしまいますね。

そこで、効果的なのがドイツパンです。

ドイツパンは、しっかりと硬いので何度も何度もよく噛まないと、飲み込む事が出来ません。

そうなると必然的に食事時間は長くなり、満腹中枢を十分に刺激しきることが可能に。

しかもよく噛むことによって、顎の筋肉から満腹中枢に刺激が行くのでさらに満腹感を感じやすくなるんです。

つまりドイツパンは、食べ方次第では少ない量でも満腹になれる、ダイエットに役立てることも出来るパンということなんですね。

グルテンフリーのドイツパンは低GI食品…?

glycemic101.com

出典:glycemic101.com

皆さんは、GI値という数値をご存知ですか。

GI値というのは、簡単に言うと「血糖値」の上がりやすさを指し示す数値のこと。

ダイエットにおいては、カロリーに次いで重要な数値であるとも言われていますね。

とはいえ、なぜ血糖値の上がりやすさというのはダイエットにおいて重要なのでしょうか、。

実はこれには、血糖値の上昇によって分泌される「インスリン」というホルモンに理由があります。

インスリンは本来、糖分の摂取によって上がりすぎた血糖値を正常に戻す働きをしているんですが、一つだけ困った特徴も抱えています。

それが、脂肪をため込んでしまうという性質です。

つまり、インスリンの分泌量が多いと脂肪を貯め込みやすい体になって、太ってしまう・肥満になるということなんです。

しかもこの血糖値というのは厄介で、甘いものはもちろん私たちが普段食べるごはんやパンなどでも、非常に上がりやすいんです。

甘いものだけなら気を付けようもありますけど、ごはんなどの主食までとなるとなかなかきついところですよね。

そこで近年、流行しているのが今回のドイツパンをはじめとする低GI食品です。

低GI食品とは、言葉のとおりGI値の低い・血糖値の上がりにくい食品のこと。

例えばドイツパンのGI値は、一般的な食パンのGI値「91」に比べてわずか「58」と非常に低い数値。

私たちが普段食べている食パンよりも、30%以上糖質オフで血糖値が上がりにくいんです。

血糖値が上がりにくいということは、その分インスリンの分泌も抑えられるということ。

つまり脂肪を貯め込みにくくなり、ダイエットがしやすくなる・痩せやすくなると言うわけですね。

まとめ

www.newswire.com

出典:www.newswire.com

血糖値の上昇を抑えるというのは、糖質制限ダイエットを中心に近年のダイエット界のトレンドの一つです。

そこでドイツパンは、血糖値上がりにくい低GI値のうえダイエットに必要な栄養も豊富。

糖質制限ダイエットで起こりがちな、栄養不足の心配もカバー出来ます。

つまりは、ダイエットに最適な”主食”といえるわけなんですね。

ドイツパンは、私たち日本人には馴染みのない食品ではありますがその栄養価は目を見張るものがあります。

ですから皆さんもこの機会に、ドイツパンあるいはライ麦パンを一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク