ギネスも認める栄養価!アボカドはダイエットや美容に効果的!

avocado-on-a-wooden-table
スポンサーリンク

クリーミーな味わいから、多くの女性から人気を集めている野菜アボカド。

別名「森のバター」「食べる美容液」とも呼ばれるアボカドは、実はとっても栄養満点。

なんとあのギネスブックにも、「世界一栄養価の高い果物」として記録されているんですよ。

アボカドが体にいいというのは、ご存知の方もいらっしゃったかもしれませんがあのギネスに載るほどというのは、ちょっと驚きではないでしょうか。

さて、そんなアボカドについてここで気にってくるのが、ギネスが認めたという高い栄養価がもたらす効果について。

実はアボカドに含まれている豊富な栄養の数々は、ダイエットや美容に非常に効果的なようなんです。

ということで今回は、アボカドの豊富な栄養がもたらす様々な効果を大特集。

クリーミーな味わいで女性に人気を集めるアボカドが、さらに女性を惹きつける嬉しい効果の秘密をご紹介していきます。

ダイエットや美容に効果大!アボカドの凄すぎる栄養価!

Avocado slices

それではここからは、アボカドの持つ嬉しい効果の数々をそれぞれの栄養素と共にご紹介していきます。

効率的な脂肪燃焼を助けるL-カルニチン

shutterstock_236537080

アボカドに含まれるLカルニチンは、燃焼系のアミノ酸の一つで脂肪の燃焼に高い効果を持っている栄養素。

体内に蓄積されている脂肪をミトコンドリアへと運び、エネルギーとして燃焼させることを促す役割を担っています。

この効果は、ダイエットはもちろん肥満の予防にも効果的。

Lカルニチンを十分に摂取し続けると、普段から効率的な脂肪燃焼を行う事が出来るようになるんです。

ですから脂肪が蓄積しづらくなり、「脂肪がたまりにくい」「太りにくい」体になれるというわけ。

ただし、これは逆に言うとLカルニチンが不足すると脂肪の燃焼が停滞するということも意味します。

脂肪燃焼が不十分になれば、消費できなかったエネルギーが脂肪として蓄積され、太ること(肥満)につながってしまうので要注意が必要です。

食事の脂質を分解・代謝するビタミンB2

15398409_xxl

「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれ、成長促進やお肌や髪・爪などの再生に効果的といわれるビタミンB2は、ダイエットにも非常に効果的。

人間にとっての3大栄養素と呼ばれる、糖質(炭水化物)・脂質・タンパク質の3つの栄養うちすべての代謝に関わるビタミンB2は、特に脂質の代謝において重要な働きをしているんです。

体内に入った3大栄養素は、酵素の働きによって消化・分解されエネルギーへと変換されていくんですが、ビタミンB2は補助酵素としてこの一連の働きを高める効果を持つんです。

そのため、食事などによって摂取される脂質や糖質は体内に蓄積されることなく、次々に分解されエネルギーとして燃焼。

体脂肪の増加を防ぐので肥満の防止はもちろん、脂質の摂取によってダイエットの妨げになってしまうリスクも減らせるわけですね。

ダイエット中とはいえ、毎日の食事から脂質をなくすことはほぼ不可能。

毎日おいしいご飯を食べながら痩せるためにも、脂質を代謝するビタミンB2は積極的に取っていきたいですね。

便秘解消!血糖値コントロールにつまみ食いも防止する?ダイエットに役立つ食物繊維

shutterstock_131433530

便秘の改善や腸内環境の正常化など、お腹の健康に役立つことで知られる食物繊維はダイエットにも効果があります。

その一つが、血糖値の上昇を抑えてくれる効果。

血糖値の上昇というのは、食事によって摂取した糖質が消化分解・吸収され、血中に放出されることによって起こる現象なんですが一つ厄介な問題があります。

それが、上がりすぎた血糖値を正常値に戻すために分泌される、インスリンというホルモンの存在。

この血糖値を低下させてくれるインスリンは、困ったことに脂肪を貯め込む性質を持っていて、肥満の原因になってしまうんです。

そのため、近年流行の糖質制限に代表されるように肥満防止やダイエットには、血糖値のコントロールが重要と言うわけですね。

さて、食物繊維に話を戻してここで注目したいのが、食物繊維の消化されにくいという特徴について。

実は、消化されにくい食物繊維を食事に取り入れることで一緒に食べたものも含めて、消化・吸収にかかるスピードをゆっくりにしてくれるんです。

これによって、糖質の吸収も遅くなるので血糖値の上昇も緩やかになり、脂肪を貯め込むインスリンの分泌も抑止。

肥満になる原因を、減らしてくれると言うわけですね。

ついついやっちゃう間食を食物繊維が防止する!

537a1b1fda78cb53deb33a4fe9c555c1

食物繊維の効果についてもう一つ、触れておきたいのがダイエット中の大敵、肥満の原因であるつまみ食い(間食)の防止効果です。

この理由としては、まず挙げられるのが先ほどの消化がゆっくりという特徴。

長い時間、胃の中に食べ物がある状態をキープできるので空腹感を感じにくくなるわけですね。

また、この効果と合わせて着目したいのが食物繊維は、お腹の中で膨らむという特徴。

胃の中で水分を吸収した食物繊維は、お腹の中でわかめのように膨張し少量でもおなかをいっぱいにしてくれるんです。

ですから食べ過ぎの防止にもなり、先ほどの消化の悪さと合わせて長い時間満足感を維持。

ついついやっちゃうつまみ食いを、防止してくれるわけですね。

悪玉コレステロールを改善し血液サラサラに!動脈硬化を予防するオレイン酸

gty_atherosclerosis_cholesterol_plaque_artery_ll_111114_wmain

アボカドに豊富に含まれるオレイン酸には、高脂質な食事が原因で増えた悪玉(LDL)コレステロールを抑制する効果があります。

悪玉コレステロールというのは、名前は悪いですが本来は体に必要な栄養を全身に運んでくれる、重要な役割も持った脂質。

ですが困ったことに、悪玉コレステロールの量が多すぎるとドロドロと血管内にこびり付ようになり、血液の流れを悪くしてしまうんです。

そうなると怖いのが、動脈硬化をはじめとする様々な生活習慣病。

これらが関連して起こる病気の中には、最悪「死」に至るものもあるので見逃せません。

そこでオレイン酸は、悪玉コレステロールを回収する働きを持つ「善玉コレステロール」を増加させる効果を発揮。

オレイン酸自体が持つ、悪玉コレステロールの抑制効果と合わせて血管内の悪玉コレステロール減少に努めてくれるのです。

コレステロールについてはこちらの記事でも詳しくご紹介

お肌を乾燥から保護!つるつる美肌を作るリノール酸&リノレン酸

2-antiaging

リノール酸&リノレン酸は、必須脂肪酸の一つで女性が気になるお肌の美しさに関わる栄養素。

多くの化粧品にも配合され、お肌を乾燥から守ってくれる「セラミド」を作ってくれる働きを持っています。

セラミドとは、スポンジのように水分や油分をためこむ保湿効果を持つ、お肌に潤いを与えてくれる美容成分のこと。

肌バリアとしての機能も持っていて、お肌のうるおいを閉じ込めて外部の刺激から守ってくれるんですよ。

さて、そんな女性にとってありがたい働きを持ったリノール酸&リノレン酸は、アボカドにはとっても豊富。

なんとたった1個の半分だけで、一日に必要な量を十分摂取できちゃうんです。

脂肪酸についてはこちらの記事でもご紹介!

新陳代謝を高めてお肌を再生!美肌を作るビタミンB6

 

ビタミンB6は、お肌の再生を行う新陳代謝を高めてくれる栄養素です。

新陳代謝とは、古い細胞を捨てて新しい細胞を作る機能のこと。

つまり体にとって不要なものを排出して、必要なものをどんどん作り出してくれる機能と言うわけですね。

この機能は、美肌においては非常に重要な役割を持ちます。

なぜなら新陳代謝は、古くなったお肌(角質)を排出して新しい健康な肌を作るいわゆるお肌の「ターンオーバー」を担っているため。

古い角質というは、お肌にたまってしまうとニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そこでターンオーバー(新陳代謝)は、「古いお肌を捨てて新しい肌を作る」このサイクルを繰り返すことで、ことで新品同様の状態をキープ。

健康でトラブルのない、綺麗な「美肌」を作り守ってくれると言うわけですね。

美肌についてはこちらの記事もオススメ

女性の悩み「むくみ」を解消!カリウムの効果

topimg_original (1)

アボカドに豊富に含まれるカリウムは、多くの女性を悩ませる「むくみ」の解消にも効果的です。

そもそもむくみの主な原因というのは、塩分の摂りすぎや水分の摂りすぎ、あるいはこれらの排出がうまくいかないことにあります。

そこでカリウムは、体内のナトリウム(塩分)の排出を促し利尿作用を引き起こすことで、塩分や水分の排出を正常化。

疲労やイライラ、だるさの原因にもなる体の「むくみ」を解消してくれると言うわけですね。

高い抗酸化作用をもたらすコエンザイムQ10&ビタミンE

maxresdefault (1)

ここまでご紹介したとおり高い美容効果を持つアボカドは、老化を抑える抗酸化作用も備えています。

抗酸化作用の「酸化」とは、簡単に言うと体のサビのようなもので体が古くなって劣化してしまう原因のこと。

この酸化というのはあらゆる老化・病の元とも呼ばれ、身近なものでは肩こりや肌荒れ・しみ・しわなど、最悪だと動脈硬化や心筋梗塞、がんになる恐れもあるんですよ。

このように決して見過ごすことのできない体の「酸化」ですが、これを防いでくれるのが前述の「抗酸化作用」というわけですね。

アボカドに豊富に含まれるコエンザイムQ10やビタミンEは、この抗酸化作用が非常に強力。

酸化の原因物質である活性酸素を除去して、「酸化」の防止及び抑止を行ってくれるんですよ。

妊娠中は必須?赤ちゃんの成長にも大切な葉酸!

pregnancy-small

女性の人生にとって最も大切な出来事、「妊娠」。

その中で妊娠中の健康管理は、お母さんにとってもお腹の中の赤ちゃんにとっても重要なことですよね。

無事に健康な赤ちゃんを生むためにも、万全を期す必要があります。

そこでオススメしたいのが、アボカドにむくまれる「葉酸」という栄養素。

葉酸には造血(血を作る)効果があり、お腹の中の赤ちゃんの栄養不足やお母さんの貧血を予防してくれるんです。

また、怖ろしい先天異常や発達障害などのリスク軽減にも効果があり、生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも欠かす事が出来ない栄養でもあるんですよ。

しかし、困ったことに葉酸は妊娠中に不足しやすい栄養でもあります。

妊婦に必要な葉酸の量は400μgで、その量は通常時の1.5倍。

アボカドの葉酸量は、1個当たり160μgあるので他の葉酸量の多い食品(ほうれん草やブロッコリーなど)とも併せて日常的に食べていくことをお勧めします。

当たり外れが激しい?美味しさピンキリのアボカドの見分け方!

2015.09.19

美容ダイエットに効果大!アボカドのおいしい食べ方&保存法!

2015.09.20
スポンサーリンク