超簡単!1日3分で痩せる背伸びダイエットの効果とやり方!

10676437_m
スポンサーリンク

皆さんは、背伸びダイエットというダイエット法をご存知ですか?

背伸びダイエットは、1日3回背伸びを行うだけというとっても簡単なダイエット法。

とにかくあまりにも簡単な方法のため、世界で最も手軽なダイエット法とも呼ばれ、近年流行しつつあるんですよ。

ダイエットといえば、食事制限や毎日の運動などなかなか大変なものが多いですよね。

実際、ダイエットを始めたものの続かずに、挫折してしまった経験のある方もいらっしゃると思います。

ですが、この背伸びダイエットならその心配はなくなるかもしれません。

背伸びをするだけなら、負担にはなりませんし簡単でお金もかかりませんからね。

ということで今回は、ダイエットに挫折しがちな方々にオススメの超簡単なダイエット法。

背伸びダイエットの気になる効果と方法について、詳しくご紹介していきます。

背伸びダイエットってなに?背伸びで痩せる意外な理由!

3822343822_26990a8650

背伸びダイエットとは…?

forensic_medical_examinations

背伸びダイエットとは、言葉のとおり背伸びをすることで、痩せる効果が得られるという驚きのダイエット法。

そのやり方はとっても簡単で、1日に3回朝食・昼食・夕食の前に1分間、背伸びをするだけというものです。

この方法なら非常に簡単に、短時間でできるので忙しい毎日を送っている方や、面倒で運動などを続けられないという方でも手軽に継続してダイエットを行い事が出来ますよね。

さて、この何とも画期的でお手軽な背伸びダイエットですが、実はこの方法を考案したのは日本人の医師の方なんです。

その人物が内科医師として肥満に悩む多くの患者の治療に携わってきた佐藤万成(さとうかずなり)氏。

ダイエットソムリエとも呼ばれる佐藤氏は、ご自身も考案したこの背伸びダイエットによって、約10Kgのダイエットに成功されたそうですよ。

医師が考案したといわれると、なかなか効果が期待できそうな気がしてくる背伸びダイエット。

それでは続いては、気になる背伸びダイエットで痩せる理由、ダイエット効果についてご紹介していきましょう。

背伸びダイエットで痩せる意外な理由とは…?

back exercises

背伸びダイエットで痩せる事が出来る理由、それは”2つ”存在します。

まず、一つ目の理由として挙げられるのは、背伸びによって背中の筋肉(脊柱起立筋)を鍛える事が出来るという点。

何故、背中の筋肉を鍛えることがダイエットにつながるのか疑問に思われるかもしれませんが、それは筋肉の種類に関係があります。

私たちの体を動かす筋肉には、大きく分けて運動時に瞬発的に力を発揮する「白筋」と、体を支えたり心臓を動かしたりと継続的に機能する「赤筋」の2種類が存在します。

つまり、瞬発的に動く筋肉と継続的に動く筋肉ということですね。

このうち、背中の筋肉である脊柱起立筋が分類されるのは、”継続的に動く”赤筋になるんですが、この継続的というキーワードに痩せる秘密があります。

運動などによってカロリーの消費が行われるように、体(筋肉)を動かす際にはエネルギーであるカロリーが消費されますよね。

これは継続的に筋肉が動く、赤筋においても同様。

赤筋は体を支えたり、心臓などの臓器を動かしたりなど私たちの生命の維持、および活動のために日常的に働きエネルギーの消費を行っています。

この日常的なエネルギーの消費というのが、いわゆる「基礎代謝」というやつですね。

基礎代謝というのは、人間が生きている限り特別な運動などをしなくても自動的に起こる、エネルギーの消費のこと。

ですから基礎代謝に関わる背中の筋肉を鍛えるということは、その分基礎代謝の向上によるエネルギーの消費量が増える、カロリーの消費が増えることにつながるわけです。

つまり背伸びダイエットとは、背中の筋肉を鍛えることで運動などをしなくても「自動的にカロリーを消費しちゃおう」というダイエット法なんですね。

脂肪を燃焼する褐色脂肪細胞ってなに?

hormones11

背伸びダイエットで痩せる理由には、背中の筋肉に加えてもう一つ”褐色脂肪細胞”の存在があります。

褐色脂肪細胞とは、簡単に言うと脂肪を燃焼してくれる働きを持った細胞のこと。

この褐色脂肪細胞は、体の脂肪の燃焼を助ける働きのほか、エネルギーを消費して体温を上げてくれる働き、つまり代謝を高める働きを持っているんです。

つまりこの褐色脂肪細胞が働けば働くほど、脂肪が燃焼しやすく代謝も上がりやすい、いわゆる痩せやすくて太りにくい体が手に入るというわけですね。

とはいえ、ここで気になるのがそんな褐色脂肪細胞と、背伸びダイエットの関係性。

どうして背伸びダイエットで痩せる理由が、この脂肪を燃やす細胞と関わりを持つのかという点ですよね。

これには、褐色脂肪細胞が多く存在する”場所”に秘密があります。

実は、この褐色脂肪細胞が多く存在する場所は”首から肩甲骨周辺の背中周り”にかけて。

つまり、背伸びによってストレッチすることが出来る場所に、多く存在しているってことなんです。

そこで、背伸びによってこの背中周りをストレッチして刺激を与えてやると、刺激によってこの細胞の働きを活性化させる事が出来るんです。

代謝を上げる働きを持つ細胞を活性化せるということは、その分脂肪の燃焼効果を高める事が出来るということ。

つまり背伸びダイエットは、先ほどの筋肉による基礎代謝の向上と合わせて自動的な脂肪燃焼によって、「楽に痩せる」事が出来ると言うわけなんですね。

ダイエットだけじゃない?背伸びダイエットのうれしい効果!

choices

ここまでご紹介したようにとっても簡単に、楽に痩せる事が出来る背伸びダイエットですが、この「背伸び」にはまだまだうれしい効果が隠されています。

いくつかご紹介していきましょう。

ウエスト引締め効果

154025797

背伸びダイエットには、高いウエスト引締め効果があります。

これはダイエットよってお腹周りの脂肪が減るということも理由ですが、もう一つ背中の筋肉を鍛えるという点が大きな意味を持っています。

ウエストの引き締めというと、多くの方はお腹周りの筋肉”腹筋”を鍛えることを考えますよね。

もちろん、腹筋を鍛えるというのはウエストの引き締めには大切なんですが、その裏にある背中の筋肉も大切なんです。

筋肉というのはそれぞれが独立しているのではなく、そのすべてが連動性を持っているもの。

ですからどこかの筋肉が弱いと、それだけで全体のバランスが崩れてしまうんです。

とくには背中の筋肉は体を支える役割を持っているので、弱くなってしまうと姿勢が悪くなってお腹がたるんだり、内臓の位置がずれてポッコリお腹になるかもしれません。

ですから逆に背中の筋肉を鍛えれば、姿勢が改善されてお腹周りがスッキリしたり、内臓を引き上げてお腹をへこましてくれることが期待できるわけです。

体の歪みと姿勢の改善効果

4men

背伸びダイエットは、姿勢の改善や体の歪みの矯正にも効果的です。

そもそも姿勢が悪くなる原因としては、体を支える筋肉の弱さが大部分を占めているといえます。

例えば背中の筋肉が弱いと、体を起こしている(背筋を伸ばしている)状態を維持するのが大変で、ついつい猫背になってしまいがちになります。

猫背の方なんかは、背筋を伸ばすと息苦しくなったり背中がしんどかったりすると思うので、分かりやすいのではないでしょうか。

また、この姿勢の悪さというのは体の歪みにもつながってきます。

姿勢が悪いということは、体のバランスが悪いということなので通常よりも体にかかる負担が大きかったり、力のかかり方が不自然になりがち。

そうなると体は、その不自然な力のかかり方に対応するためにどうしても、不自然な体勢をとる必要が出てきます。

それが日常的に続くと起こるのが、体の歪みと言うわけですね。

そこで背伸びは、体を支える背中の筋肉を鍛えることで姿勢を改善させ、体の歪みを原因から改善・予防することが出来るのです。

その他冷え症改善や腰痛肩こり解消効果など!

Checklist1

いささか長くなりすぎなので省略しますが、背伸びダイエットにはまだまだ下記のような効果も存在します。

  • 冷え症の予防・改善効果
  • 肩こり・腰痛の解消効果
  • ストレス解消効果
  • 便秘解消・予防効果
背伸びダイエットでは、基礎代謝の向上によって体温を上げる効果があったり、体をほぐしたり刺激を与えることで、体の本来の機能を取り戻しやすくしたりする効果があります。

とっても簡単!背伸びダイエットのやり方

4738252807_35796dfaf6_o

さて、ここまで背伸びダイエットの効果や痩せる理由について長々とご紹介してきましたが、いよいよ最後にこの背伸びダイエットのやり方をご紹介していきます。

医学博士考案「背伸びダイエット」の正しいやり方

背伸びダイエットのやり方は、こちらの動画のとおり。

1回あたりにかかる時間は、2種類の背伸びを15秒2回ずつで1分間です。

1つ目の背伸びの手順はこちら

  1. 足を肩幅ほどに開いて、両手を天井に向けて万歳のようなポーズに。
  2. 顎を上げて指先もきちんと伸ばして、ゆっくりと深呼吸。
  3. これを2回、計30秒行います。ゆっくりとした深呼吸がきつい場合は10秒ごと3回でもOK。

2つ目の背伸びの手順はこちら

  1. 足は1つ目と同じように肩幅ほどに開いて、両手を組んで上に伸ばしていきます。
  2. 肩を思いっきり引き上げるようなイメージで伸ばしたら、今度も顎を上げてゆっくりと深呼吸。
  3. 今度も同じく2回、計30秒行います。ゆっくりとした深呼吸がきつい場合は10秒ごと3回でもOKです。
スポンサーリンク