卵は1日1個までは間違い!誤解だらけの卵のコレステロール!

A heart with a stethoscope
スポンサーリンク

皆さんは、「卵はコレステロールが多いから1日1個まで」という話を聞いたことはありませんか。

実際、卵に関する栄養やダイエット法なんかを取り扱った本やサイトでも、卵の「コレステロール」は問題視されていることが多いですよね。

ですが、この卵の「コレステロール問題」というのは、実は大きな「誤解」に満ち溢れているんです。

果たしてその誤解とはどんなものなんでしょうか、気になりますよね。

ということで今回は、卵のコレステロールにまつわる意外な真実を、そもそも「コレステロールとは何なのか?」と合わせてご紹介していきます。

そもそもコレステロールってなに?

cholesterol-1024x750

さて、卵のコレステロールについてどんな誤解があるのか、気になるところですがその前に、そもそも「コレステロールとは何なのか」についてご紹介していきましょう。

コレステロールというのは、簡単に言うといわゆる「脂質」の一種になります。

「脂質」というと体に悪いように感じたり、あるいは太る原因になるのではと思ってしまいますが、このコレステロールは体にとって非常に重要な働きをしています。

そのコレステロールの主な働きは、大きく分けて以下の3つ。

  • 人体を構成する細胞を保護する「細胞膜」の原料

 

  • 炭水化物・脂質の代謝の制御や抗炎症作用を持つ「副腎皮質ホルモン」の原料

 

  • 脂肪の代謝を助ける働きを持つ「胆汁酸」の原料

この通り、「コレステロール」はイメージとは裏腹に、私たちの体を支える働きをしてくれているわけですね。

では何故、そんなコレステロールは体に悪いという印象を待たれているのでしょうか。

それでは続いては、その理由について「コレステロール」の”種類”とともにご紹介していきましょう。

悪玉?善玉?2つのコレステロール

colesterol-hdl-colesterol-ldl-e-triglicerideos

コレステロールには、LDLコレステロール(通称:悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(通称:善玉コレステロール)の2つの種類があります。

まずは、この二つの異なる働きについてみていきましょう。

悪玉コレステロールとは?

demon-icon

LDLコレステロール(通称:悪玉コレステロール)は、名前こそ悪い物のように思えてしまいますが、私たちの体にとって大切な役割を担っています。

その役割というのは、いうならばコレステロールの「運び屋」です。

LDLコレステロールは、肝臓や腸で作られたコレステロールを血管を通って、体中の隅々まで運搬する働きを担っているのです。

先ほど触れたとおり、コレステロールは私たちの体が正常な機能を保つうえで欠かせないもの。

それを体中にきちんと届けてくれる「悪玉コレステロール」は、ある意味私たちの健康にとっての”影の立役者”ともえるのかも知れませんね。

善玉コレステロールとは?

dT7eBjrBc

HDLコレステロール(通称:善玉コレステロール)は、いうならばLDLコレステロール(通称:悪玉コレステロール)と対になる存在といえます。

これは、悪玉コレステロールがコレステロールの「運搬」を担当しているのに対して、善玉コレステロールはその運ばれたコレステロールの「回収」を担当しているため。

何故、「コレステロールの”回収”が必要なのか?」というと、その理由は悪玉コレステロールにあります。

実は悪玉コレステロールというのは、その量が多くなるとコレステロールを余分に運びすぎてしまう働きがあるんです。

そこで善玉コレステロールは、そんな運びすぎて余ってしまったコレステロールを血管・組織内から回収して、肝臓に送って再利用を促す働きをしてくれているんです。

つまり善玉コレステロールというのは、余分なコレステロールを運び出してくれる回収業者(リサイクル業者)といえるわけですね。

コレステロールが動脈硬化の原因に?

Cholesterol-and-Heart-Disease1

さて、ここまで善玉・悪玉コレステロールについて見て来て頂きましたが、次は何故「コレステロールが体に悪いといわれるのか?」についてご紹介していきます。

コレステロールが健康に悪いといわれる理由、それはコレステロールがもたらすある病気の存在にあります。

それが「動脈硬化」。

この動脈硬化が、私たちが抱くコレステロールの悪いイメージの原因につながってるんですね。

それでは続いては、そんな恐ろしい動脈硬化とは何なのか、何故コレステロールが動脈硬化の原因になるのかについてご紹介していきます。

動脈硬化ってなに?

gty_atherosclerosis_cholesterol_plaque_artery_ll_111114_wmain

動脈硬化とは文字通り、心臓から体全身に血液を送っている血管「動脈」が”硬くなってしまう”病気のことを指します。

この動脈硬化になってしまうと、血管が硬くなって壊れやすくなったり、しなやかさが失われるせいで血液を送り出す心臓に負担がかかってしまったりします。

そうなると怖いのが、心臓に負担がかかることで起こる、高血圧や心不全などの心疾患や、心筋梗塞や脳梗塞、くも膜下出血などの血管疾患。

これらの動脈硬化が原因で起きるとされる病気は、日本人の死因の約3割を占めるといわれる恐ろしいもの。

ですから、そんな怖ろしい動脈硬化を引き起こしかねないコレステロールは、このように敬遠されているのですね。

コレステロールが動脈硬化の原因になる理由

shutterstock_124259665

何故、コレステロールが動脈硬化を引き起こしてしまうのか、その理由の一つに「悪玉コレステロール」の存在があります。

悪玉コレステロールは、コレステロールを体中に運搬してくれる働きを持ちますが、時に余ってしまうほど多く運びすぎてしまうことがあります。

本来であればその余った分を、回収役の善玉コレステロールが回収してくれるのですが、悪玉コレステロールの量が多すぎると、とても回収しきれないほどのコレステロールを余らせてしまうんです。

そうなると余ったコレステロールが、ドロドロとしたお粥上になって血管内にこびりついて、血管を硬くしつつ血液の流れを悪くしてしまうんです。

この状態というのが、先ほどの「動脈硬化」。

そのため、コレステロールの摂りすぎには注意しないといけないと、言われているわけですね。

善玉コレステロールの減少にも要注意!

yajirushi

また、善玉コレステロールの減少も「動脈硬化」の大きな原因になり得ます。

善玉コレステロールというのは、悪玉コレステロールが運びすぎて余ってしまったコレステロールの回収役。

ですからこの善玉コレステロールが減少してしまうと、人手不足でコレステロールの回収が追い付か無くなってしまうんです。

そうなると、コレステロールが血管にこびり付くのを防ぐ事が出来ず、結果動脈硬化を引き起こしてしまうと言う訳なんです。

つまり動脈硬化を防ぐためには、悪玉コレステロールが増えすぎないようにしつつ、しっかり善玉コレステロールを確保しておけるようコントロールすることが大切ということですね。

誤解ばかり!卵のコレステロールに隠れた意外な真実

shutterstock_112812964

さて、ここまで非常に長くなりましたがいよいよ本題の、「卵にかけられた誤解」についてご紹介していきます。

卵にかけられている誤解、その原因はコレステロールにあります。

タイトルにある「卵は1日1個まで」のように、卵にはコレステロールにあるので食べ過ぎは健康に悪いというものですね。

実際、「卵を1日にいくつも食べるのはよくない」、という話を聞いたことのある人は多いと思います。

ですが、結論から言うとこれは大きな間違い”誤解”です。

何故なら「卵」のコレステロールの問題は、「卵」自身がすでに解決しているからです。

その理由については非常に簡単、卵に含まれる栄養の一つ「レシチン」による働きにあります。

卵のコレステロールを解決する「レシチン」の効果

111bc30856e1930fc813e9b216b6f633

何故レシチンがコレステロールの問題を解決するのか、その理由はレシチンの持つ効果の一つ「乳化作用」に秘密があります。

乳化というのは、本来混ざり合うことのない”水”と”油”を混ざり合わせてくれる作用のこと。

料理をされる方は、ペペロンチーノなどのオイル系のパスタを作る際に使う技法なので、聞いたことはあるかもしれませんね。

(オイル系のパスタでは、茹で汁とオイルを乳化させてソースにすることによって、味がパスタによく絡みよりおいしくなるんです。)

では話を戻して、そんな「乳化作用」がどうやってコレステロールを解決してくれるのか、その理由はコレステロールが「脂質」であるという点にあります。

つまり脂質であるコレステロールは、レシチンの乳化作用によって水いわば”血液”に溶け、混ぜ合うということなんです。

コレステロールが血液に溶けるということは、問題だったコレステロールが固まって血管にこびり付くのを防ぐことにつながるので、心配な動脈硬化のリスクを解決してくれるということなんです。

また、これに加えてレシチンにはさらにうれしい効果も持ち合わせています。

実はレシチンを多く摂取すると、悪玉コレステロールの量が”減少”し、さらに善玉コレステロールが”増加”する作用が得られるんです。

悪玉コレステロールが減るということは、その分コレステロールが余る心配も減り、善玉コレステロールが増えるというのはその分、余ったコレステロールの回収が捗るということ。

つまり乳化作用と合わせて、動脈硬化の予防や改善を支えてくれるということなんですね。

卵を食べると記憶力が上がって頭も良くなる!?

lgi01a201407131100

コレステロールとは全く関係ありませんが、興味深い効果なんでついでにご紹介しちゃいます。

意外な話ですが人間の脳内には、実は約30%ものレシチンが存在しています。

レシチンは、別名を「脳の栄養素」とも呼ばれ脳細胞の活動を支える働きをしているんです。

特に卵の黄身に含まれる、卵黄レシチンは神経系に関与する成分が多く、記憶力や学習能力を高める効果があります。

その主な効果としては、記憶や判断・認識などの機能や筋肉の動きのコントロールなど、脳機能向上に関わりを持ちます。

ちなみにこれら効果を支えるのは、レシチンの構成要素である「コリン」や「ホスファチジルコリン」。

この二つの構成要素が、脳細胞や神経伝達物質に作用することで、脳内の記憶力や機能の向上が見込めるのです。

コレステロールの改善には”オリーブオイル”も効果的!

Cafegoogirl_54516_1

動脈硬化の原因などにもなるコレステロールですが、その改善に「オリーブオイル」が有効ってご存知でしたか。

実はオリーブオイルに含まれる、ある成分がコレステロールに効いちゃうんです。

ということで下記の記事では、そんなオリーブオイルの効果を脂肪燃焼・中性脂肪の解消に効果的な「サバ」と合わせてご紹介しています。

ダイエット効果もあり?サバのオリーブオイル漬けのおすすめレシピ!

スポンサーリンク