大人気!糖質制限はなぜ痩せる?驚きのメカニズムを徹底解剖!!

Bread-with-Wheat-Fields_artsy_thumb.jpg
スポンサーリンク

近年、ダイエットの定番になりつつあるのが糖質制限ダイエット。

パンやごはんなどの、いわゆる炭水化物を制限することで非常に高いダイエット効果を発揮し、短期間での成功も多いことから注目を浴びていますね。

その優れたダイエット効果により、メディアなどでも多く取り上げられることも多く、なんとなく気になっているという方も多いかと思います。

ということで今回は、そんな最近流行の糖質制限ダイエットの気になる効果と、糖質制限で痩せられる理由・メカニズムについてご紹介していきます。

糖質制限ダイエットとは?

lgi01a201310170900

炭水化物制限ダイエット・低糖質ダイエット・炭水化物抜きダイエット・ローカーボダイエットなど。

様々な呼び方がある糖質制限ダイエットですが、基本的には文字通り「糖質を摂らない・減らす」ことを行うダイエット法です。

この「糖質」とは、ケーキやアイスに使われる砂糖はもちろん、パンやごはん、パスタなどの炭水化物も含まれます。

意外かもしれませんが、実は炭水化物というのは食物繊維と”糖質”で構成されていて、味で感じる以上に多くの糖質が含まれているんです。

つまりこの糖質制限ダイエットは、ただ甘いものを制限するだけでなく、糖質を多く含むものを制限するダイエット法というわけですね。

とはいえ、ここで少し疑問が湧きます。なぜ”糖質”を制限することが、”痩せる”ことにつながるのでしょうか。

それでは続いては、糖質制限によって痩せる事が出来る理由・メカニズムについて探っていきましょう。

なぜ痩せる?なぜ太る?糖質制限ダイエットのメカニズム!

images (23)

太る原因といえば、多くの人は脂肪(脂質)の摂りすぎをイメージするかと思います。

実際体内に入った脂質は、エネルギーとして消費されなかった分は吸収されて、体脂肪となってしまいますから間違いではないです。

ですがそんな困った脂質よりも厄介なのが、実は糖質なのです。

糖質は体内に入ると、吸収されてブドウ糖となり血液に入っていきます。

この時の血液中の糖質量を示すのが、よく言われる「血糖値」というものです。

この血糖値が上昇する(糖質の量が増える)と、「インスリン」という血糖値を正常値に下げるモルモンが分泌されます。

このインスリンというのが実は困り者で、血糖値を下げてくれる代わりに脂肪をため込み、さらに脂肪の分解を抑制してしまう効果があるんです。

つまり、血糖値を上げすぎるとインスリンによって太りやすく、痩せにくい体になってしまうというわけですね。

糖質制限で痩せる理由は?

carbohydrates

糖質を摂りすぎることによって、太りやすく、痩せにくい体になってしまう。

これは、裏を返せば糖質を制限すれば、太りにくく、痩せやすい体になれるということを意味しますね。

実はここに、糖質制限ダイエットで痩せる事が出来る理由の一つが、隠されています。

そもそも糖質制限ダイエットは、カロリーの高い炭水化物の制限を行うことから、必然的に摂取カロリーを抑える事が出来るダイエット法です。

摂取カロリーの制限はダイエットの基本、消費カロリーよりも摂取カロリーを低くすることで、その分の脂肪を燃焼させる方法ですね。やられている方も多いかと思います。

ではこれを糖質制限中に行ったらどうなるのでしょうか。

糖質制限は普段に比べて、脂肪をため込みにくく、また脂肪の分解がされやすい体を作ります。

これは同じようにカロリーを制限しても、その脂肪の燃焼のしやすさや燃焼効率には違いが生まれることを意味します。

糖質制限をしているか否かによって、その効果と結果には大きな差が生まれてくる。

ここに、糖質制限ダイエットで痩せる理由の”一つ”があるというわけですね。

脂肪を燃やす!グルカゴンってなに!?

ダウンロード (7)

さて、ここまでは糖質を制限することで、太りにくく痩せやすい体になれるということについてご紹介してきましたね。

これだけでも十分高いダイエット効果があるんですが、糖質制限にはもう一つ優れたダイエット効果を生み出す理由があるんです。

それが”グルカゴン”というホルモンの存在。

このグルカゴンというホルモンは先ほどのインスリンとは全く逆の性質を持っています。

例えば、インスリンは血糖値が上昇すると、血糖値を下げるために分泌されるホルモンですよね。

それに対して、グルカゴンは血糖値が下がることによって、血糖値を上げるために分泌されるホルモンなんです。

この全く逆の2つのホルモンの”違い”は、ダイエットにも関わってきます。

先ほど触れたとおりインスリンは、脂肪をため込み、さらに脂肪の分解を抑制してしまう効果があります。

ダイエットにとっては非常に困った効果ですね。では対してグルカゴンはどうでしょう。

実はグルカゴンには、ため込まれていた脂肪を分解して、エネルギーとして消費する、脂肪を燃焼させる効果があるんです。

これは下がってしまった血糖値を上げるために、糖質でできた脂肪を分解して血液に糖質を与えるためです。

つまり血糖値を下げる糖質制限ダイエットでは、このグルカゴンの活躍が大きな役割を担っている、ということなんですね。

糖質制限ダイエットのやり方♪

step_rise_and_fall

さて、ここまでいろいろと糖質制限で痩せる理由についてスポットを当ててきましたが、次はそんな糖質制限ダイエットのやり方についてご紹介していきます。

糖質制限ダイエットのやり方は、非常に簡単で、非常にシンプルです。

ただ、糖質の多いものを避けて、極力糖質の少ないものを食べるようにするだけ。

たとえば、甘いもの全般や先ほどからよく触れているパンやごはん、イモ類などの炭水化物など。

その代わり、糖質の少ない食べ物、肉や魚、チーズや豆腐、野菜なんかは、好きなだけ食べても大丈夫です。

また、このダイエットではそこまで脂質を気にする必要がないので、焼肉やハンバーグなんかもOKですよ。

我慢できない!炭水化物どのくらい制限すればいいの…?

wallpaper-pug-15

甘いものはなんとか我慢できても、パンやごはんなどの炭水化物を一切食べないのはかなりきついですよね。

ですが、安心してください。そんな炭水化物好きの方にオススメの方法が、実はあるんです。

それが、アトキンス式低炭水化物ダイエット

基本的には普通の糖質制限と一緒なんですが、この方法では少しなら炭水化物を食べられるんです。

やり方は、まず最初の2週間は炭水化物の量を1日20gまでに減らします。

こうすると体が脂肪を燃焼しやすくなるので、これ以降からは1日40gまで食べる事が出来ます。

40gというと、うどんだと200gほど、ごはんだと100gほどになりますね。

量としてはあまり多くはありませんが、これだけでもずいぶんストレスを減らせますし、初心者の方でも続けやすいダイエット法です。

糖質・炭水化物の多い食べ物・少ない食べ物!

dv030987

さて、糖質を制限するといっても何にどれだけの糖質・炭水化物が入っているかなんて普通知らないですよね。

ということで、ここではご参考までにいろんな食品の、糖質・炭水化物の含有量をご紹介いたします。

炭水化物の含有量

simple_carb_loading_a

食品名

含有量(100g)

薄力粉

75.9g

食パン

46.7g

白米

37.1g

玄米

35.6g

うどん

21.6g

じゃがいも

16.8g

主食の中ではやはりパンやごはんは高めですね。

ただうどんなんかは低いですし、主食とは違いますがじゃがいもなどは比較的低いので、我慢できないときはオススメです。

糖質が意外と多い食品リスト

a4enpqrccaebzxa

続いては糖質制限ダイエットで重要な糖質の含有量について野菜などを中心にみていきます。

意外と野菜でも糖質が多く入っているものがあるので、注意してくださいね。

食品名

含有量

タマネギ(100g)

7.2g

ごぼう(60g)

5.8g

レンコン(30g)

4.1g

えだまめ(100g)

3.8g

トマト(150g)

5.6g

なす(80g)

2.3g

パプリカ(140g)

7.8g

とうもろこし(180g)

24.8g

かまぼこ(100g)

9.6g

牛乳(200ml)

10.1g

ヨーグルト(200g)

9.8g

こちらのリストは炭水化物や甘いもの以外で、糖質の多いものをリストアップしています。

こうしてみると、意外にも野菜の中にも糖質がそれなりに含まれていることがわかりますね。

ただ、これらはあくまで比較的糖質の多いものをリストに挙げただけです。

基本的には甘いものや、炭水化物類にのみ注意していれば十分な効果を得られますので、ご安心ください。

この中に含まれていない野菜類や、肉や魚、チーズなどの食品については、調べた限り糖質が少ないので安心して食べていただけます。

スポンサーリンク